新着Pick
833Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事スポンサードかと思ったくらい、仮想通貨の取引推奨に寄っているかと思いますので、もう一歩割り引いて読まれても良いように感じました。

———-
暗号資産投資は「半分、勉強」のつもりで行うことをおすすめします。
———-
との大槻さんのコメント、半分でなく、ほぼ全てと思うくらいが冷静な判断かと思います。

10万円投資するとして、
それが10倍になっても90万円の儲けです。実際は税金おさめて50万円ほど。
何か少し贅沢することはできるかもしれませんが、宝くじほどのインパクトがあるものではありません。
一方で、10万円が消し飛ぶ可能性はまあまああります。

それよりも、多くの個人にとっては、NISAや他の税優遇されている金融商品をよく理解してみるが、資金運用を目的とするなら、まずはそっちからだと思います。
ギャンブルを好まれる方が熱狂する分には、もちろん、それはそれです。

なお、分散型金融自体については、手前は支持しています。
しかし、仮想通貨で盛り上がっていることに、やや距離置いて見ている部類です。
暗号資産としてのデジタルに価値を持たせていくということにはキチンと取り組んでいくべきと考えています。
ビットコインがメジャーなアセットクラスの一つとして機関投資家からの投資対象になってきた。世界の投資信託の規模は111兆ドル。世界の年金基金の規模は49兆ドル。一方BTCの時価総額は0.89兆ドル、ETHの時価総額は0.2兆ドル。インパクトは大きいです。更にETFだと税率が証券扱いで20%になる。これも大きい!


コインベースがIPO。これで多くの休眠ユーザーが復帰するなど大きなインパクトが出る。時価総額は1000億ドルを超えるとの話も。間違いなくホットディールになると思います!

2020年末の時点での総顧客数は4300万人(前年比+34.4%)、法人口座数は7千。MAUは280万人(前年比+180%)トレーディング・ボリュームは1930億ドル(前年比+141.7%)預かり資産は900億ドル。売上高は12.78億ドルでした。前年は5.34億ドル。純利益は3.22億ドル、前年は-3038万ドル。第4四半期のトレーディング・ボリュームは機関投資家が570億ドル、個人投資家が320億ドル


この記事に、スクエア、ペイパル、マイクロストラテジー、テスラ、BNYメロンなどの仮想通貨に対する取り組みが分かりやすくまとめられてます!

https://media.rakuten-sec.net/articles/amp/30929
昨日の特集記事へのコメントにも書きましたが、仮想通貨が目指すビジョンと現在の価格高騰は関係無いと思います。

https://newspicks.com/news/5719637?ref=user_1400096

「ビットコインは儲かりそうだから」という動機で参入する人達にとっては、あくまで資産としてのビットコインでしかなく、貨幣としての価値は関係ない。もしも今後、「ビットコインは現在の貨幣よりも便利だから」という動機でのムーブメントが起こり始めれば、ビジョンに近づいていると言えると思いますが。

Square, Paypal, Teslaなどがビットコインでの売買を導入しているのも、流通拡大に貢献したいというよりも、「ビットコインで儲かった人からの需要を喚起したい」意味合いが大きいのではないかと個人的には見ています。分かり易い例で言えば、ビットコインを現金に換えると売却益に対して税金がかかりますが、ビットコインのままテスラを購入すれば含み益に対する税金はおそらくかからないはず。
2018年のバブル崩壊時に「狼狽売り」をし、昨今の価格上昇を見て、再び投資を始めようかと思っている人もいらっしゃるかもしれません(私がそうです。典型的な素人です)。

しかし株式以上に難しそうな仮想通貨市場。どうすれば波を乗りこなせるのでしょうか。二人のプロに「個人投資家が気をつけるべきこと」を聞きました。
ビットコインは未来を創る技術の1つだし、今参入するのはダメとか、今参入すれば儲かるとか、そういう視点で語るべきではないかなぁ、とは思ってます。
仮想通貨を未来の技術として期待して、投資してみよう!となった時に、最大で投資して良い金額は、「保有する現金の1割」くらいまでかなー?と思ってます。かなりギャンブル性が高いので、それ以上はただの博打になっちゃうかなと。
ビットコインは発行量が2100万枚と決まっているため、長い目で見ればオワコンになっていくという考え方もできます。半減期を迎えると流通ペースが半分になり、マイナーの報酬量も半分になるため、ネガティブな方向に傾くような気もします。

しかし実際はなぜか半減期を迎えると価値が暴騰してきた。これは一見不可思議ですが、記事にあるように希少性が上がったと捉えると理解しやすくなります。

ビットコインはゴールドと比較される存在であるように、希少性が上がると価値も比例して上がるということでしょう。 
現在は仮想通貨のなかでビットコインが際立つ存在ですが、いずれ他の仮想通貨にも投資家マネーが分散されていけば、希少性も分散されていくかもしれません。
ビットコインの天井価格予想にここまで大きなバラつきがあるのであれば、やはり投資ではなく投機なのかなと思います。
誰にとっても未知の領域だからこそ、ビットコインを手に入れることに対してワクワクするのでしょう。
ビットコインを購入=ワクワク感を買っている、のかと思います。
アメリカでは、企業のビットコイン投資は加速しています。その理由は現状の会計基準(USGAAP)では、企業が保有するビットコインは耐用年数なしの無形資産として認識されいることが大きいと考えられます。アメリカでは、企業がビットコインに関して含み益や含み損が発生したとしても、B/S計上されているので、売却時まで認識されません。

一方で日本では、売買目的有価証券に近しい分類で、期末に含み益/含み損はP/Lに反映され、課税対象となります。

ただこの会計上の違いは、次第になくなると思われます。

そしてアメリカでは会計・税務処理を煩雑さを考えず、従来通りの投資手法でビットコインのエクスポージャーを得る企業や金融商品が増えてきています。その1つに昨年末から今年にかけて大きく成長したグレイスケール ビットコイン トラストが挙げられます。

結論として、ビットコイン投資の流れは、加速していくと個人的に思っています。
PROのコメント含め、相場の世界にはポジショントークが付きもの。

マネックス(傘下にコインチェック)の大槻氏は、暗号通貨の理論値が存在しないっと言っている点で良心的です。

一方、Kraren(暗号通貨取引所運営)の千野氏のコメントはポジショントーク満載だと思います。

ただ、値動きのあるもの、特にビットコインみたいにボラティリティの高いものは、買うタイミング次第で大儲けする場合もありますので、絶対儲かるとか、絶対損するとか言い切れない難しさがあります。
一つ言えるのは、投資というより投棄に近い性質の商品だと言うことです。
"ホワイトペーパー(目論見書)によれば、ビットコインは貨幣の代替として開発されました"

ナカモトサトシのホワイトペーパーのビジョンを忠実に目指しているのは、ビットコインよりも、ビットコインからハードーフォークされたビットコインキャッシュ(BCH)だと個人的には思うのです。。

まだまだ課題は多いですが、暗号通貨が決済で広く使われる時代がきますように。ただの投機対象でなく。