新着Pick
144Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日本の外食って海外に比べたら、美味しいにも関わらず本当に安い。これを機に値上げをして、設備やサービス、商品開発に投資できる余裕があればいいと思うし、そういう新たな循環が生まれるきっかけになるなと思います。
人気 Picker
外食は厳しいというとちろん文脈もありますが、社会全体で考えると、限られた「リアル」というモノの価値がより希少で価値の高いものになってる、ということですね
外食でもコンサートでも人との間隔をあけないといけないということは、それだけの広さの家賃と人のサービスを専有することだし、限られた席のプレミアムがあるということ
コンサートとかでも一部のVIP席にあたる価格と人数だけリアルで聞けて、他はライブ配信、みたいなものが当面は一般的になりそう
各種コストは以前から高まっており、どこかのタイミングで値上げは各社考えていました。その中で税込表記の義務化はメニューブックやHPなどの修正費用もかかるため、合わせて行う事にしたケースも少なくないです。
安さだけをウリにしてると「苦渋」になっちゃうわけです。
前職では香港の外食チェーンも見ていて、現地CEOから「香港では年2回の値上げは当たり前、物価も上がっているので客離れは起きない」と言われて、デフレが続く日本の状況と比べて愕然としたのを覚えています。

ハンバーガーや牛丼などのランチ中心の外食チェーンは客単価が500-600円くらいだと思います。なので、たとえ10円、20円の値上げでも、客単価が低いのでインパクトは大きいです。10円の値段の上げ下げで売れ行きが大きく変わることなんてザラにあります。

そもそも外食チェーンの値上げがニュースになることが異常な状況だと思った方が良いです。経済が成長すれば、モノの値段が上がるのは当たり前です。メディアが「価格改定は消費者離れを招く懸念もあるだけに、各社にとっては苦渋の決断だ」なんて書いてるうちは、デフレからの真の脱却なんてほど遠いなという気がします。
価格競争に走っていた外食チェーンにとって、人材や食材など今後のコストアップしかない経済環境を考えれば、このコロナは価格アップの理由を正当化出来るチャンスといえるだろう。

しかしながら、本来、質はコスト=価格と比例するのが海外では当然。
価格以上のサービスを受け過ぎ、価値を勘違いした日本人を作ってしまった外食チェーンは業界全体でチキンレースをしていたともいえる。
マーケティングに置いて最終手段である価格競争は、その事業に関わる直接的、間接的部分に負担をかけ、経済全体を落としてしまうことからも、このコロナを外食チェーン業界全体の改革から日本経済回復の機会にして欲しい。
コロナ禍により来客数が大きく減少している中、飲食各社の戦略はある意味来客数を補う「デリバリー」への対応であり、一部識者が可能性を指摘していた「値上げ」による売り上げ維持(減少抑制)策をとる企業はほとんど見られなかったように思います。

今回の値上げもコスト増加を吸収する程度の値上げで、価格を引き上げる施策が取りにくいことが伺われます。

マーケティングの世界では「他のものに置き換えやすい」コモディティなものほど価格を上げにくく、ロイヤリティの高いものは価格上昇に耐性があるとされていますが、現状はコモディティ優位ということになるのでしょうか。
全てではないですがチェーンの強みは価格の安さにある部分もあると思うので、価格を上げることはまさに苦渋の選択ですね。業界内でどこにポジションをおっきブランディングをかけていくかで今後の命運がはっきり別れてきそうですね。

---
新型コロナ禍で上昇したコストを価格に反映させる値上げに踏み切る。ただ、価格改定は消費者離れを招く懸念もあるだけに、各社にとっては苦渋の決断だ。
これはボディブローのように後からじわじわ効いてきそうな嫌な流れですね。とはいえ仕方が無いことだと思いますので、出来ることとしてはテイクアウト等でも良いのでなるべく使って潰れないようにすることかと。
客数と客単価のバランスはトレードオフな部分もあるかと思いますが、こうした外的要因から苦渋の選択を迫られるのは厳しい…
外食は苦境の時期が続くのでやむなしではないかと。これに不採算店の整理とか、オペレーションの見直しとか涙ぐましい努力もなされるはずです。できれば規模を維持して欲しいですが会社の事情を考えると止むなしのケースもあるでしょうね
モスバーガー(MOS BURGER)は、株式会社モスフードサービス(英称:MOS FOOD SERVICES, INC.)が展開する日本発祥のハンバーガー(ファストカジュアル)チェーン、および同店で販売されているハンバーガーの名称である。 ウィキペディア
時価総額
978 億円

業績

株式会社トリドールホールディングス(TORIDOLL Holdings Corporation)は、レストラン及びショッピングセンター等における飲食店舗の開発と運営をおこなう企業グループの持株会社。東京都渋谷区道玄坂に本店を置く。 ウィキペディア
時価総額
1,446 億円

業績