新着Pick
251Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
凄い面白い
なるほど
人気 Picker
YKKは、米国に限らず、様々な国で。
①にあるが創業者の吉田忠雄氏は「土地っ子になれ」と掲げている。②も面白いが、タテヨコに地域と事業のマトリクス構造。だけど「6極体制」という言葉があるように地域を優先した意思決定。そして、それができるのはその根源である製造からの一貫や、ユニット化というイノベーション(③)。
https://www.ykkap.co.jp/company/jp/about/global/
https://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1409/10/news024.html
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaibs/6/2/6_KJ00010078267/_article/-char/ja/
YKKでは、10年未満の海外赴任は、単なる「長期出張」扱いだそうです。それだけ現地に根ざした活動をしているということ。スゴイ会社だと思います。
こういった優れた米国人の人材を獲得できたことで、米国での会社運営が順調に回ります。これ、本当に大事です。日本人が社長では、できません。

(以下、記事中から引用)
「顧客と社員の長期的な成功のために力を尽くすというのが当社の文化です」とYKKコーポレーション・オブ・アメリカの社長、ジム・リードは説明する。「『他人の利益を図らずして自らの繁栄はない』という、YKKの企業精神『善の巡環』の一環です。これは当社の創業者が唱えたもので、彼は企業は利益を稼ぐだけの存在であってはならないと強調していました」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
米国で早くから進出…からの撤退しない潔さや新規用途開拓を続けた話は確かに美談ではある。
米国現地法人のトップが心からこう発言されるのは嬉しいですね。

「『他人の利益を図らずして自らの繁栄はない』という、YKKの企業精神『善の巡環』の一環です。これは当社の創業者が唱えたもので、彼は企業は利益を稼ぐだけの存在であってはならないと強調していました」

渋沢栄一が「論語と算盤」を通じて訴えた企業の社会的責任に通じるものです。
海外の方から見た米国でのYKKの評価、切り口が面白かった。
企業理念が素晴らしいなと思ったし、事業を切り開く指針、そしてそれが受け入れられ実績となる過程が美しいと思いました(と言っても現場の人は大変だと思いますが)事業環境の変化にしなやかに対応できる企業はいいですね
富山育ちの世界企業YKK。進出地では地元企業となっている。こういうスゴい会社のことをもっと学びたい。
YKK株式会社(ワイケイケイ、YKK Corporation)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の大手非鉄金属メーカーである。またYKK APは同社グループの建材部門である。 ウィキペディア