新着Pick
77Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大型化が課題とされる全固体において、基盤用途、次にウェアラブル、その次がスマホ、最後に車載で展開されるのがベタな流れだと思っています。別に車載から投入しても良いのですが、課題解決の難易度(電解質と活物質界面の接触)と、リコールのインパクト的に上記だと思っています。

その観点で見ると、基盤用途は既存の液系LiB技術を持つ村田とTDK、ウェアラブルはなし、小型スマホ程度の容量が日立造船、車載はなしというのが現状の日本メーカーの展開です。

リコールに関して言えば、村田とTDKはSONYがVAIOの発火で500億超のリコール費用を払っている事をよくベンチマークしています。最近ではコナEVの発火問題でLG化学系のLGESが700億以上のリコール費用を支払うとされています(しかも継続してLGESがセル供給したとされるVWの車種も複数リコールとなっているともされています)。

言うは易しですが、マーケットで走りながら実績を出し、かつ大小のハードルを乗り越えていくのは、擦り合わせが効くリチウムイオン電池の世界ではそれなりに難しいと思っています。
そろそろ全固体電池やるやるじゃなく、正確な進捗情報が欲しいところ。
いよいよ発電を何で準備するかが大事になってくる。
記事にある会社の技術者とも意見交換してきたが、頭出しは2025-27年頃に来ても本格的な普及期は2030年以降と見る声が多い。全固体への世代移行はかなり時間がかかると言う読みがあるからこそ、世界の大手自動車会社は液系LiBで早期の規模拡大の戦略を選択していると見ている。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.34 兆円

業績