新着Pick
412Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
北米でもマイアミなどに春休みを利用して人が大勢押し寄せています。私も旅行は好きですが、ワクチンが行き届くまで残り数ヶ月と言う状況でリスクを犯して旅をするのは賢明ではないと思います。
人気 Picker
コロナ禍前の旅行市場の概況は以下です。

1、日本人による日本国内旅行(ドメスティック) 20兆円
2、日本人による海外旅行(アウトバウンド) 4兆円
3、外国人による日本旅行(インバウンド)5兆円

コロナ禍により、3番はゼロになりましたが、
2番もゼロになりました。

海外旅行に出る日本人は比較的、富裕層で、この消費が、高単価宿や沖縄などのロングディスティネーションと呼ばれる観光地に流れます。

GOTOトラベルがあると、高単価宿が人気なのは、GOTOが割引率だから高単価の方がお得というだけではなく、
2番の4兆円が行き場を失っているから、ということも言えるかなと思います。
沖縄に住んでいましたし、観光業の支援も一部手掛けていましたが、沖縄の課題は客単価の低さだと思います。人だけきても美しい自然が壊れていくだけなので、一人あたりの旅行客単価向上や、それに伴うブランディングが必要だと思います。
海外旅行へ行けない人たちの代替地として沖縄が選ばれているのもありますが、コロナ以前から沖縄は人気のディスティネーションです。特にこの時期になれば八重山では海開き(今年は3月20日)があり、一足早い夏のバカンスを楽しむことが出来ます。マリンリゾート派からすれば楽しむ条件が揃っているのが沖縄です。
昨日、仕事の関係で羽田空港を利用して実感したのがお子様を連れた家族旅行と学生らしいグループ(卒業旅行?)の多さです。ちなみに、沖縄だけでなく北海道方面もほぼ満席状態でした。春休み中とは言え、GOTOトラベルの有無以上に旅に出たい人が行きたいところへ出掛けているのだと思います。
バブルというのは、圧倒的な需要超過で供給が追い付かない時に価格が実力以上に急騰、それに引きずられる形で供給を増やすための投資が増えていく様を指します。したがって、バブルが崩壊すると、供給過多となり、残骸が残るわけです。

沖縄だけではないですが、稼働率が4割から6割になった印象が正しいと思います。10割を越えているわけではないし、その意味では、バブルではありません。まあタイトルは読ませるために過激にしますし、ライター側ではなくエディター側の裁量責任です。

また最近、沖縄の観光業に従事している方に話を何回か聞く機会がありましたが、感染対策をした上での話ですが、やはり観光客が増えないことには経済が回らないという話で一貫していました。

go to travelがなくても、旅行に行く人は行きます。真に旅行が好きな人は、実は無い方が価格が安いことを知っています。go toは高めに料金を設定し、政府が金券で割引をし、地元にそれを落とす仕組みですから。go toの有無を問わず、感染状況に応じて、対策をしながら楽しむなら、それはニューノーマルとして肯定されても良いはずではないでしょうか。
「我慢の限界」というのはまさにそのとおりで、
・緊急事態宣言解除
・海開き
・海外旅行の代替手段

として沖縄が選ばれているのだと思います。
GoToトラベルがなくても、コロナ前の通常料金で旅行ができます。

しばらく海外旅行ニーズが出ないので、
北海道や沖縄はもちろんですが、
離島(小笠原、八丈島・瀬戸内)みたいな、
都市型観光地ではなく、非日常的な観光地に人が集まると予想しています
スカイマーク、那覇空港には、新千歳、茨城、羽田(6便)、中部国際(3便)、神戸(5便)、福岡(3便)、宮古(下地島:2便)就航しています。
また、宮古島に橋で直結の【下地島】にも羽田、神戸から直行便就航していますので、是非、定時運航率3年連続日本一、新幹線と航空会社の中で顧客満足日本一のスカイマークよろしくお願いします。
ペストやSARS、エボラ出血熱みたいな感染症が拡がっていたら、こうしたことは起きないに違いない。怖い怖いといいながら、健康盛りの多くの人たちは、旅行を我慢するほど怖いと思っていないんじゃないのかな (・・?
無症状者が感染を拡げる新型コロナウイルスのような感染症を、ペストやSARSといった致死率の高い感染症を前提にした感染防止法で規制することの矛盾を感じないでもありません。今回のようなウイルスを前提に、感染抑止と経済を両睨みする枠組みを、別途考えておく必要がありそうな・・・ (・・;
春休みですしね、行きたくなる気持ちは分かります。

ただ、昨今の仙台の感染拡大は3.11の発生10年ということで、その直前に取材目的でたくさんの記者やマスメディアが東北に足を運んだことにも因果関係がある、という記事を見ると、都会の人間が地方に行くと、やっぱり地方の感染者数を増やす要因になってしまうような気がします。
国際通りはじめとして旅行特化型の撤退は本当に多かったです。2月では前年529,000人の国内観光に対して118,800人と△77.6%。厳しい期間が本当に長かったので、事業者にとっても光が見える一つになればと思います。