新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
制裁自体は象徴的な意味合いしかありません。このコロナ禍で、双方の往来はできないわけですし。
メガホン外交から制裁に移り、欧米vs.中国の双方が睨み合う一方、妥協点も探られているはずです。また欧米間にも相互不信があり、一様ではない点に注意して、外交を読み解く必要がありそうです。
中国は最近「鏡打ち」というか、相手のやってきたことをそのまま打ち返すタイプの反応が多くなっている。ある種のエスカレーションコントロールなのだろうが、自らの行動を省みてコントロールするつもりはないらしい。
9人の中には、イアン・ダンカン・スミス(Ian Duncan Smith)下院議員が含まれている。スミス氏は、元保守党党首であり、キャメロン内閣では労働年金相を務め、昨年からは対中政策に関する列国議会連盟(Inter-Parliamentary Alliance on China)の議長に就任している。また、Tom Tugendhat下院議員も制裁対象になっている。
中国外務省が、英国が新疆ウイグル自治区の人権問題を巡り対中制裁を発動したことへの対抗措置として、英国側の「9人、4団体」を対象に制裁を科すことを決めたと発表したそうです。