新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
EV産業に深く食い込めていない企業からすれば、絶好のチャンスということになる。
追記
それにしてもなぜ、こんなに一気に加盟社が増えたのかなあと思って
、HPにアクセスしたら、数分で登録が完了するオープンプラットフォームなんですね。登録して何が始まるかも期待はできないくらいゆるーい規約が書いてありますが、決断力がある会社なら、数分で登録するんでしょう。これは今後も加盟社はどんどん増えそう。
https://www.foxconn.com/en-us/mih-cooperation

(以下本文抜粋)
鴻海は北米と中国に工場を置く方針だ。2023年に量産を始め「25~27年にEV市場で世界シェア10%を獲得する」のが当面の目標だ。

自動車メーカーは通常、開発から生産まで一貫して自社で手掛ける。鴻海は、開発と生産の分業が進むスマートフォン型のビジネスモデルをEV業界に持ち込み、車メーカーが開発した製品の受託生産を狙う。

どういう部品やソフトを組み合わせれば効率よくEVを量産できるか。サプライヤーと連携して開発に着手しており、この枠組みへの参加を表明した企業が25日時点で1200社超になったという。

基幹部品の電池では、鴻海が出資もする世界大手の中国寧徳時代新能源科技(CATL)が参加する。日本からは村田製作所、NTTなども名乗りを上げた。車載用半導体大手の独インフィニオン、クラウド大手のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)やマイクロソフトなど米欧の巨大企業も加わった。IT大手の参加は「CASE」と呼ぶ次世代技術の実用化をにらんだものだ。
ホンハイ×バイドウ×吉利! バイドゥは、本年1月11日にボルボ及びダイムラーの筆頭株主にもなっている中国自動車メーカー吉利と提携してEV車製造にも乗り出すことを発表。3月23日のバイドゥ香港上場時のインタビューにおいてロビン・リー会長は、自動運転プラットフォーム×ソフトウエア×ハードウエアの総合的な戦略の一環であることを述べています。吉利では1月15日にアップル製品の製造受託でも有名な台湾のホンハイとEV車製造プラットフォームを構築していくことを発表しており、自動車産業がディスラプトされ、新たな戦いの構図が見えてきていることを感じています。
鴻海精密工が参入準備を進めているEV事業について、協力を表明したサプライヤーが約1200社に達したとのこと。日本からは日本電産などが参加。
スマートフォンのような水平分業はEVの一つの方向性かもしれません。
但し、垂直統合ではなくなると、安全性の確保は課題ですね。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
7.30 兆円

業績

業績