新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サービスがあるから実店舗は必要だとされてきた自動車販売ですが、モーター車が主流になり、ネットワークが充実してくると、不具合対応などもリモートによるプログラム変更で対応できます。他の業態でも実店舗の役割が変わってきていますね。雇用問題が大変ですが。
この手の店舗は増えていくでしょうね。
もしイチから自動車販売の仕組みを考えるとしたら、このような体験型拠点(できれば全車種揃えた大型店舗)と、車検や修理を専門とするサービス拠点を持ち、購入決定後は自宅にデリバリーする仕組みが一番合理的だと思います。

一方、最近言われてる「クルマのEC」にはついては懐疑的です。
クルマの購入なんて平均で8年に1回なので、ECにして時間の節約なんかしてもあまり意味がありません。
それに、そこそこのクルマでも200万円以上します。時計で言えばパテックフィリップの値段です。現物見ないで気軽にポチる代物ではありませんから。
ドンドンやるべき。
試乗したってわかんないよ、なんて話もありますが。
試乗しなきゃもっとわからない。

高価な商品なんですから、買う買わないとは無関係に乗れる場をもっと用意すべきですよ。

〈追記〉
お台場のBMW Tokyo Bay試乗プログラムみたいなものかな、と。
同乗する方は営業ではなく試乗専用クルー。色々教えてくれて楽しかった印象です。
どのクルマも空いていれば気軽に乗れるし、みんなこういうのやればいいのに、と思いました。
特に運転支援系の機能は年々増えていくものの、使い方わからない人は多いのでよい取り組みですね。また顧客とのコミュニケーションの接点が増えることで、顧客からの不満をダイレクトに聞けることができ、後の開発に役立ちそうな気もしています
「セールス活動を一切行わないブランドクルーが60分以上の長時間試乗などを提供」
こういうの何でないんだろうなと思ってました。例えばハウスメーカーなら宿泊体験もできますもんね。気軽に乗ってみたところ欲しくなったということもあると思いますし、良いと思います。
私も関東マツダの一日無料試乗を利用してマツダのディーゼルエンジンをチェックしました。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.34 兆円

業績