新着Pick
121Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コロナ時代の「食」に関する福利厚生サービスを取材しました。
在宅勤務が増え、福利厚生を検討する企業もある中で、出張シェフサービスが伸びているというのは驚き。
シェアダインはコロナ禍で、個人利用も増えており、レストランが休業したシェフが働く受け皿にもなっている。
また配置型社食の「オフィスおかん」、フードデリバリー大手・「出前館」も、
脱・社食の流れを受けて、法人向けのサービスにも力を入れています。
在宅勤務で社員が求める支援についてのアンケート(シェアダインが実施)では、
1位の「テレワークに必要な備品購入」に続き、2位が「健康的な食事サポート」という結果もあるそうで、
食に関する福利厚生は今後も注目されるのではないかと思います。
人気 Picker
食べるってのは人間の幸せに必ず直結することだから、
だからこそ、そこにいつもと違ったというエッセンスは時代を問わずに価値があるんだと思います。

ちょっと元気があるなら、出張シェフもありだし、人にも会いたくないくらい疲れてるときは、冷蔵庫に添加物の少ない体にやさしいお惣菜を保存しておいて、身体をいたわることも大切です。

この先、各企業の出社の方針はどうなっていくのか、エッセンシャルワーカー以外は本当にわからない中では、現在における「社食」の未来は不明ですけど、少なくとも社食の効率化の中に、オフィスおかんは「社食」の再定義する題材になると思います。
選択肢が広がるのは両者に良いと思います。画一的でなく、柔軟性もありそうだし。コストは上がりそうだけど、まだ試験期間か?他にも宅配などをしているCVSなど、さらに参入も増えるのではないか、とも。
福利厚生の世界の変化、全然知りませんでした。

実際、通常の飲食店も食事の届け方として「店舗型」から「宅配型」に変化しています。

全体の流れからすると納得ですね。

また、食の形態として「外食」「中食」「内食」とあります。

「宅配型」は「中食」のお届けが一般的ですが、出張シェフは「内食」の市場を開拓しています。

シンプルな表現で言えば家事代行業ですね。

また、参入企業としては参入障壁として「福利厚生」は非常に重要です。

飲食店の数は日本で60万店以上ありますが、個人飲食店は大~中小企業の「福利厚生」としてのサービスを準備することはモノとコトの両面で難しく簡単にマネできません。

こういった在宅×法人向けの出張サービスは今後伸びそうですね。

▼まとめ
・コロナ時代の福利厚生として注目されているサービス
・出張シェフ「法人プラン」問い合わせ急増
・出張シェフサービス「SHARE DINE(シェアダイン)ではサービス利用数は3倍に増えた
・個人での利用が中心だったが、コロナ禍で法人向けプランの問い合わせも5倍と急増
・育児食や介護食を作るプラン、子供への食育アドバイスなども魅力
・仕事が減ったシェフら1100人が登録
・そのた、社員に出前館のクーポンを配布

日本全体の昼飯の需要が無くなるわけではないため届け方次第ということですね。
新型コロナウィルス禍が収束するまで、あと、1年以内の勝負ですね。
そういったタイムラインを想定して参入、撤退することが重要です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません