新着Pick
318Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
電電ファミリー系のサラリーマン会社なのに、珍しく、M&Aが上手い
アレグロ、ポーラーだけでなく、CCFLの光和電気を買った。
今回、システム系はGSユアサへ。
人気 Picker
知る人ぞ知るサンケンというかAllegro。サンケンは、昔は液晶バックライトのCCFL(冷陰極管)の売上が大きかったがLEDシフト、ずっとやってきたパワー半導体やセンサー半導体などがあるなかで、昔買収した米国Allegroがここ10年ほどは成長けん引(①は2013年の記事、懐かしい…)。
そして昨年10月にAllegroが上場(②)。大量保有を紐解いていくと、エフィッシモが5%以上で登場したのが2018年12月(ただリリースでは2017年7月から投資とある)、オアシスが2019年11月。しばらくの成長ドライバーはAllegroだったのでそれを見据えての投資だし、いきなり出てきた話ではない。③が2月のTOB時のPick、④がそれに対してのサンケンの中立表明のPick。
個人的には、2016年に⑤でコメントしていたが、Allegroやサンケン本体の半導体含め、キャパ的な話含めてもっと早く合併・再編の話が起こるかと思っていたが、そうはならず。

https://newspicks.com/news/251099
https://newspicks.com/news/5351396
https://newspicks.com/news/5601090
https://newspicks.com/news/5641069
https://newspicks.com/news/1416427
「地味なメーカー」と言われるのは可愛そうですね。
サンケン電気さんは売り上げが1600億円以上あり、時価総額も1000億円を超えています。
旧村上系ファンドが扱うには小さいのかもしれませんが、歴史ある良い会社です。
出資を受けてさらに良い会社になってほしいと思います。
面白い。米国事業のほうが付加価値が高くなって時価総額も高まってしまうというのは皮肉。そして、エフィッシモがTOBを発表したことにより、株価が更に上がって、、、TOBはうまくいっていないように見えるが、純投資なら株価が上がったことはマイナスでもない。株主と会社の緊張関係が一定あるのは良いことなんだろう。
エフィッシモさすが、という投資を
引き続きしていて勉強になります。

日本人が運用している最大規模の(AUM比較を最近アップデートしていませんが合っているでしょうか?)ヘッジファンド、ますます期待です。
サンケン電気は確か無停電電源装置(UPS)を製造販売していました。(現在進行系かもしれません)
いずれにしても、日本の製造業は公に目立たないガリバーが多く存在します。
時価総額が親子逆転してるケースは久しぶりに聞きました。
かつてのイトーヨーカ堂&セブンイレブン、ニッポン放送&フジテレビ等。
こういった記事が読めることがNewsPicksの魅力ですね。

他のメディアでは、事実情報だけの記事はあっても、こういった解説記事はないと思うので。編集部に感謝。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。