新着Pick
361Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさに伸び盛りの若手VC、アダム・ストラックさんにインタビューしました。お話の中から、本当にVCが天職で楽しくて仕方ないということがよく伝わってきました。

ストラックさんと同世代の人はもちろん、年上からも可愛がられそうなパーソナリティーで、そういった面も、全く土地勘のないLAで人脈を築けた理由なのだろうと感じました。

それにしても、俳優やアスリートがエンジェル投資を始めたり、自分でファンドを立ち上げたり、レオナルド・ディカプリオさんのようにLPとしてファンドに出資したり、さまざまな方法でセレブが「富」を増やしています。

アスリートとして大成功したジョー・モンタナも、「実際に現役でプレーをした時よりも投資の方が稼げている、間違いない」と語っています。賢く富を増やす方法は、お金に増えてもらうことだと。今のSNSの世界ではその通りだとも思いますが、そのバックに強力な弁護士や、会計士、ファンドマネジャーがついていて、ビジネスがまた生まれているところにダイナミズムを感じます。

https://newspicks.com/news/5704844/body/?ref=user_1799394


LAは2020年度ではシリコンバレー、ニューヨークに並ぶスタートアップ投資が集まっており(年間で1126件)、投資金額の合計ではニューヨークと並ぶ(年間で$19.3B)スタートアップエコシステムになっています。

記事でも増えられているようにエンタメ系のスタートアップからより幅広いジャンルに裾野が広がっている印象を受けます。

私は南カリフォルニアと北カリフォルニアの両方に住んだことがありますが、生活環境は断然南の方が好きです。「シリコンバレーの気候に文句を言う奴は南カリフォルニアの奴らだけだ」というジョークもあります笑
弁護士になって、新しい飲料ブランドを起業して、そして新興のVCづくりに挑戦する。アメリカの面白いところは、自分の専門分野の武器をもちながらも、こうやって境界線を平気でまたいでゆく人々がいるところだなと、痛感します。

アダムさんの作ったストラック・キャピタルは新興VCながら、持ち前のキャラで優良案件に入り込み、最近ではディカプリオからの出資を受けて話題に。ZOOMでのインタビューでしたが、まったく気取るところのない陽気なナイスガイでした。

シリコンバレーとロサンゼルスは、広大なアメリカでは「ご近所さん」。テクノロジー VS エンターテイメントで語られることが多いのですが、実はLAでも、要注目のスタートアップが続々と生まれていることを語ってもらいました。
Long Island Brand Beveragesという名前に反応してしまう…この会社は2018年のビットコインバブルの時に、Long Blockchainという企業名に変更した、一種いわくつきの企業(①)。なお今年2月に上場廃止となっているが株価の推移は②の通り…
ただ、③をみるとストラック氏はその前には会社を離れているとのこと。こちらのファンドが2015年スタートという点を見ると、それくらいだろうか?とはいえ②で株価を見ると、上場時からの株価は冴えないが…
https://newspicks.com/news/2777598
https://cointelegraph.com/news/long-blockchain-corp-has-officially-been-delisted-by-sec
https://labusinessjournal.com/news/2019/dec/06/bullish-la-struck-capital/
去年の1回目のロックダウンの時に、私が創業したビースポークでもいわゆる世界的に有名な「LAセレブ」に声をかけられ「セレブ戦略」を試したことがありましたが、失敗に終わりました。海外の政府系の案件の開拓をしていた時に、撮影をたくさんしてきた関係で、US以外にも大統領や知事などで親しい人がたくさんいるので紹介ができると言われ、数ヶ月ほど一緒にお仕事をしました。今振り返ってみると、失敗して当たり前でしかないですが、その時感じたのが:
(1)親しい友達であったとしても、ビジネスは別なので「誰から紹介されるか」がとても大事で、特に政府系案件の場合は、一般的なビジネス経験の浅いセレブ経由だと厳しい
(2)普通に働いたことがない方だと、ビジネス感覚が大幅にずれていて、コミッション等話を進めるのが困難

B向けではなく、消費者向けのサービスであれば違ったのかなとも思います。
最近、VCが新しい専門性やネットワークを生かして若いVCが少しづつ増えてきているのを感じます。Forbesの30 Under 30のVCの顔ぶれもかなり実績を出している面々が増えているように思います。(弊社のパートナーの一人も選ばれています。)
『セレブのブランドを理解していて、スタートアップに「うちの有名人やスポーツ選手が協力するが、対価にワラントや株式が欲しい」と交渉しています。
スタートアップによっては、顧客獲得コストや販売・マーケティング予算を考えたら、少しばかりの株式を与えてもいいと考える。
起業家は即座にメリットを享受できるし、有名人は自分のインフルエンスを利益にできる。両者にとってウィン・ウィンなのです。』

芸能人やスポーツ選手は、人気のボラティリティが大きかったり、現役期間が限られているので、インフルエンスをマネタイズする手段としてのスタートアップへの投資は増えてきそう。
ロサンゼルスにも有名フィンテックがありますね。このレポートに登場するDaveやHoney、そしてScratchpayもフィンテックです。LAに目をつけたアダムさんは先見の明があります。そして行動力も。
セレブは未上場のサービスをバズらせることも出来るから投資家になるのは理に叶ってるのね。あまりに我田引水だと批判もされるだろうけども。
LAのVCとスタートアップシーンも熱いですね!
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。