新着Pick
367Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本質を見極めることは、生きていく上で最も重要な能力の一つであることは間違いない。表層的な情報に惑わされない視点を常に持ち続けたい。昔、大抵のことは、PPT3枚で纏められる…と教わった。もし、纏められないのであれば、読み込みが浅い、もしくは、読み解くこと(=構造化)が甘い…と指導されました。その上で、自身の思考も整理し、"問題提起"に繋がるまで研ぎ澄ますことが提案に求められると教わりました。今でも本当に役に立っていることを日々実感する。CORE CAPABILITYの中でも、"CORE"な能力だと思う。
「自問自答」を癖にすれば、本質を見抜く力が養われ、結果として「複雑な仕事を単純にこなす」人間になれるのだ。
と言うのは本当にその通りだと思います。
自分は正しいと思い込んでいると、大概誤った結果になります。
思い込みをせず、一つ一つ自問自答(Factを積み上げる)ことが重要と思います。
抽象度が合っていない状態での議論は、かみ合わず無駄な労力が使われていたりします。例えば、指示が一貫していない上司。具体レベルで捉えると、ただの心変わりとみなせるが、状況の変化によって対応策を変えたのであれば、方針は一貫していることもある。本質に目を向けて判断するよう心掛けてます。
バラバラに見える問題点の背後に潜む本質を見抜くのが、「複雑な仕事を単純にこなす」プロの仕事人。
全くその通りだと思います。

在宅勤務が続くなか、自宅で中国武術を題材にした映画を鑑賞しています。
複数の動作を無意識にできるとそれらが繋がる。流れができるとそれが技になってどんな状況にも対応できるようになる。

本質を見抜くために修行が必要なのは武術でも仕事でも同じかもしれませんね。
これは本当にそう思います。
新人の頃は分からないことだらけで毎日本当に考えに考えていたように感じますし、小さなことでも本質的なことに気付いた時のブレイクスルーは自分の糧になっている。
現在はそこまで考え抜いているか、自分自身を省みる必要がありそうです。
「本質を見抜く力」はこれからますます求められると思います。これだけ世の中が複雑になってきているのですから、全ての「キモ」は「本質を見抜く力」ですね。それには、一つの事象に振り回されるのではなく、全体像を俯瞰して見る力を養うことだと感じます。
バラバラに見える問題点の背後に潜む本質を見抜くのが、「複雑な仕事を単純にこなす」。これが簡単にできたら楽ですが...笑
でも、目の前の事象だけでなくその背後に何があるのか?と常に考え続けることは大事だと思いました
関連記事一覧
「メールは1本30秒」絶対に残業しないリーダーがやっている、10倍速の働き方
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
579Picks

独学の達人がやっている「読んでない本ばかりで自己嫌悪」のときにとるべき行動
Diamond Online
211Picks

「本を読んでも何も残らない人」と「問いを立てられる人」の決定的な差 - 独学大全
Diamond Online
26Picks

なぜ「健康経営」が事業の成否を左右するか? 社員の不健康が職場の雰囲気を悪化させ、やる気をなくさせる(曽和利光)
Yahoo!ニュース 個人
7Picks

ジョブ型が変える人材育成 「人は資産」経営の本質問う
日本経済新聞
5Picks

どんな本を読めばいいか分からないという人に 齋藤孝が教養を深めるための本を選定
ビジネスジャーナル
5Picks

「仲間に幸せになってほしい」を制度にした。アルバイトからZOZOの本部長になった男の生き様
新R25
5Picks

【大人の英語やり直し】本を買い揃える前に是非決めておくべきこととは?
OSOの3か月で英語を話せるようになる方法
3Picks

「本を読んでも知識が蓄積されない人」がやらかす致命的なミス【新年度におすすめの記事】 - 独学大全
Diamond Online
3Picks

予備校講師が生徒に教える「本から役に立つ情報だけを抽出する方法」 犬塚壮志(士教育代表取締役)
PHPオンライン衆知|PHP研究所
3Picks