新着Pick
693Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
野球のホームランシーン、サッカーのスーパーゴール、テニスのスーパーショットなどなど...
こうした名シーンは、YouTubeなどで何度も再生されてますが、本当に勝敗の左右しているのは、その手前で犯したイージーミスなど、プレイの巧拙であったりします。
ところが、このような泥臭いプレイシーンはカットされる運命にあるので、コアなファンを除けば、日の目を見ることがあまりない。
実は、ビジネス界でも、今流行しているDXに始まり、UX、CXなどなど、変革にまつわるキーワードはいつの時代も手を変え品を変え存在しますが、いずれにしても、本当の企業変革は泥臭い。
「神は細部に宿る」ならぬ、「変革は泥臭さに宿る」。これまで様々な取材を通じて、そう思うに至っています。
パナソニックだけでなく日本の大企業の偉い方とお話しすると課題はよくわかってらっしゃる。社員も一生懸命やっている。でも業績は今一つということが多い。そうすると外、新しいものに正解を求める。もちろん松岡さんはすごいので期待大ですが、既存の資源の「新しい組み合わせ」ができないものでしょうか。冨山さんが指摘されることは逆もまた真で、社員の多くが「自分は野球選手だからサッカーは絶対できない」と思い込んだりしてないでしょうか。アイリスさんとのお付き合いが長いせいか、優秀な人が力を発揮しきれているのだろうかと思うのです。
風土•企業文化の改革、浸透させるには規模が小さい企業でも数年は軽くかかるほど、泥くさい作業だと痛感します。

そして、「企業文化・風土」は、一番目に見えない要素ですが、会社が発展していくには、最も大切な要素です。会社・ブランドは、商品で創られているのではなく、従業員で創られているから。

長年根付いた風土をさらに良い方向へ改革するのは、チャレンジですが、改革の兆しが見え始めると、これほど楽しい仕事はないですね。
異論がでることはほぼない日本企業共通の課題。
外部人材の活用、若手の高報酬採用や抜擢etc
やり抜くか否かだけ。
よって大抵の会社は事前のコンセンサスうんぬんより型から入り退路を断つ。
「日本には終身雇用という雇用慣行があるせいか、流動性が高くありません。

それどころか、「首を切れるもんなら切ってみろ」と言わんばかりに、会社の方針に抵抗する人がいます。」

こういった方々は自分が正義ではなく元凶であったということをぜひ自覚していただきたいし、経営者側も法整備側もいい加減に改革に向けて行動を起こすべきです。

世の中の問題はその20%を解決すれば殆どが解決すると言われています。終身雇用がその20%の一つであることはもはや紛れもない事実でしょう。

終身雇用は一見優しいようで、結果を出す人に光を与えず、足を引っ張る人を容認し続ける優しさとは真逆の制度。これが何十年も日本経済を停滞させた元凶の一つです。
「なぜ、日本のカイシャは変われないのか──。」

「なぜ、人は変われないのか──。」
と空目しました。

『なぜ会社は変われないのか』(柴田昌治著)という本が1998年に出て、ビジネス書としてベストセラーとなりました。
ただし、その後も「会社」はなかなか変われず、「会社変革本」は読まれ続けています。
2020年には『なぜ、それでも会社は変われないのか』(柴田昌治著)が出ました。

その中で、パナソニックの変革には「希望」を感じます。

「2010年代から、ハードがネットに接続するのが当たり前になります。
ソフトやインターネットの世界にいる企業も、ハードをちゃんと理解しないと、リアルの世界ではビジネスができないと分かってきた」
「これはパナソニックにとっては、チャンスです。フィジカル(ハード)の世界からサイバー(IT)の世界に攻めていけるのですから」
外も経験して出戻られた樋口氏、社外取締役の冨山氏、そしてずっとパナの宮部氏。バックグランドは三者三様だが、変革を行う中での社内へのメッセージという印象。
門真ではなく東京で、というのは雇用の問題が幹部が住む場所の問題もあるとは思うが、パナソニックの顧客構成を考えれば、東京本社というのは避けられないDecisionだろうし、CNS社だけにとどまっているのはなぜなのだろうという気はする。それだけ全社でやることは難しいということか。在阪企業では最大の会社だが、東京本社・大阪本社で仕事は成り立つと思うのだが。

パナソニックがIT人材に年俸3000万円を出すと本当に言えば、これは相当のインパクトだが、Googleからやってきた松岡さんはきっとそれくらいの俸給だろうし、そういう事例を役職者ではない若者にシリコンバレー企業と同じようにできるとすれば、それはなかなかインパクトあるだろう。というか、パナソニックはシリコンバレーではCVCをやっていてそこで勤務している人なんかはまさにそうした報酬体系のはず。シリコンバレーで出来て日本でできない理由はないだろう。
みまもりエアコンはつまり、Google Nestでやっているようなことだろう。こうした取り組みはまだまだ増やせるだろうし、ほかの分野でもできるはずなので、それこそパナソニックの広範な事業分野が活きる部分だろうが、人材の質と数が追い付かないような気はする。
このレポートに登場する人たちは、みなさん忌憚のない意見を述べておられます。危機意識を持っておられることは、変革の可能性があるということですね。
首を切れるもんなら切ってみろというくらい腹をくくってチャレンジに取り込んでほしいですね。
この連載について
創業100年を越えたパナソニック。そのCEOを9年間勤めてきた、津賀一宏CEOが今月末に退任する。家電から自動車へ、ものづくりからその先へ。苦闘をつづける日本企業を、NewsPicksが徹底検証する。
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
3.04 兆円

業績