新着Pick
116Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>締約国は、差別撤廃のための措置をとることが求められており

上記にどこまでの拘束力があるのか分からないのですが、内政不干渉の原則とかあるでしょうし…(人権問題との位置づけであれば国際法上の「内政干渉」に当たらないですが)

ただ、記事にある通りの以下の経緯なのであれば、少なくとも、通常の民間企業の感覚だと「理由は分からないですけど、報告しませんでした」で認められるのが不思議なのですが…:

2016年、女子差別撤廃委員会による日本の審査

日本政府は選択的夫婦別姓などの勧告に対するフォローアップを求めらる

2018年3月に日本がフォローアップ報告を提出(※そもそも何故ここで2年を要しているのか分かりませんが)

2018年12月17日付で、国連からの見解が外務省に届く

国連は女性が旧姓を維持できる法改正などを勧告していたが、内閣府の有識者会議にも報告されないまま、2018年12月に第5次男女共同参画基本計画が策定


こうやって、少しずつグローバルの感覚、というか、コミュニケーションプロトコルと乖離して、更には世界の様々なジェンダー関連のランキングを落としていっているのか…と思ってしまいます。

ここで言うコミュニケーションとは:
・自らの意思で、女子差別撤廃のための措置をとることが求められる条約に加盟し
・差別の存在を加盟組織から指摘され、フォローアップについてのフィードバックをもらっていたにも関わらず
・関係機関に連携せず、(おそらく)国連に対しても「どのような経緯で選択的夫婦別姓を採用しなかったか」の報告もしていない
というコミュニケーションのことです。

こういう事を続けていると、国際社会の中でフィードバックをしたにも関わらず、説明責任を果たせない国だと認識されそう…
一体どういうことでしょうか?
外務省が公表の是非を判断する権利を持っているのですか?
政府の、それも一部の保守派に忖度したのですか?
こういうことはよくあるにでしょうか?
誰が決定する権利を持っているのでしょうか?
タカタのエアバックリコールと日産の虚偽決算のあたりから日本ブランド崩壊が始まっていると思うんですが、こういうのが表に出れば出るほど、日本は実は遅れに遅れた国だってことがバレてしまう。
ブランド崩壊は一瞬でおきます。そうなると、かさにかかったように報じられ始めてしまう。今ほど隙を作らず、海外メディアから面白おかしく書かれないようにしなきゃいけない筈なんですが…
日本国の信頼にかかわる重大な問題であり、外務省をあげて原因究明すべきです。東北新社の外資規制の見逃しもそうですが、これまでの官僚組織では信じがたい失態が続いています。懸念するのは、そこに「忖度」が働いていないかということ。国連のこんな文書を官邸に上げたら「嫌われる」という意識がなかったかどうか。そのことを含めた徹底検証が必要です。
判断を求められると、放置をしてしまう。他部門や他の担当者に判断を委ねたらい回しにしてしまう。これは、YES、NO、白黒をつけるのが苦手な日本人の特徴でしょうか。
企業でも、よく見受けられますが、変革のリーダーは、多くの判断をスピーディに行い、成功も失敗も、学びにつなげられないと務まりません。夫婦別姓という難しいテーマだからこそ、多様なバックグラウンドの人たちと議論を重ね、判断とトライアルを重ね、前に進めていかなければならないと思います。
これも官僚の政権への忖度の一環で、安倍政権の一連の忖度問題と同義と言える。

国民の知る権利を忖度により自分のために放置した官僚は、顛末を明らかにして、責任を明確にすべきだ。

官邸の官僚人事兼の掌握は、弊害だらけだ。
これ国連の女子差別撤廃委員会(CEDAW)のウェブサイトで既に公表されていたのでは。国連の多くの文書はウェブサイトで公開されている。内閣府男女共同参画局が仮訳とあわせて公開しているのであれば外務省もさっさと送っておけばよかった話だが「放置」とか「公表されず」とかまで言えるかどうか。

https://tbinternet.ohchr.org/_layouts/15/TreatyBodyExternal/FollowUp.aspx?Treaty=CEDAW&Lang=en

Japan > Session 63rd (Feb 2016) > Follow-up letter sent to the State party 17 Dec 2018

内閣府男女共同参画局
女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約(CEDAW)
https://www.gender.go.jp/international/int_kaigi/int_teppai/index.html
この一番下にある「第7回及び第8回報告審査における女子差別撤廃委員会からの見解(平成30年12月)」が当該文書か。
今やっと再検討する動きが出てきていますが、もっと早くから着手できた可能性が大であったということですね。本件以外に放置されることはよくあることなのでしょうか。