新着Pick

日立、新卒面接でスーツ不要 採用人数は水準維持

共同通信
日立、新卒面接でスーツ不要 日立製作所は23日、2022年4月入社となる新卒の採用活動について、原則全てオンラインで実施し、就職...
146Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
元々各社は「スーツ必須」という規定だったのか?
と改めて考えさせられました。

この採用における服装や身だしなみとかは社会慣習や明文化されていないルールな部分も多い気がしました。


日立の取り組みは先進的で素晴らしい一方、基本的に日本は年1の採用サイクルのため、他社が真似し始めるのは来年以降か。
また、上記のように社会慣習という側面が強いと思うので、変化のスピードは比較的ゆっくりと進むでしょう。

いずれにしても、同日に何社か面接の子は全社が不要とならねばならないため、目に見えた変化が起こるのは母集団における一定量を超えた「キャズム」の先にあると思います。
スーツ不要と言うドレスコードへの対応力を示すテスト。

たぶん、Tシャツや革ジャンで通る人もいれば、黒スーツとネクタイで通る人もいる。いわゆるTPOと自分のキャラを知っている人が強い。他を知り己を知れば百戦危うからずってやつです。

面接会場で、着るものごときで右往左往してたら負ける。
リクルートスーツって働き始めて着続ける人ほぼいないのに、新卒採用の時だけ着るのって「僕・私は今後着もしない服をきて面接を受ける嘘つきです」とアピールしてまわってるようにしか昔から見えていません。
スーツ不要って他社でも割とありますよね?ただ、服装ごときで「個性を」とか言うのは賛同しかねます。リクルートスーツを着る必要は無いですが、公式な場なので失礼のない服装であるべきでしょう。
後輩には「婚約者の両親に初めて会うときにどういう服装で行くか?」で考えてみたら?とアドバイスした記憶があります。
賛成!

私も古い考え方ですが、
Zoom面接になって、スーツじゃなくてもいいかなと思うようになりました。

就活生はただでさえ緊張してるので、少しカジュアルな格好で、素に近づけてくれた方が、その人を理解しやすいです。
こういう趣味なんだと、人となりが少し分かるかもしれません。
個性、いつもの自分を魅せる、見せるいいチャンスですね。第一印象はとても大切です、そこに個性を反映できるのはパフォーマンスとなり、画一化された採用基準も変化して、より普段の自分で挑める環境を構築しているのは素晴らしい事です。面接に挑むのはドキドキかと思いますが、今日はどんな方とお話し出来るのかなといったスタンスで挑むとコミュニケーションにも広がりが生まれるのかなと思います。
自分が行きたい会社に入りたいという状況でリスクはなかなかとりにくい。でも、自分がパフォーマンス発揮できる状態で臨み、それでだめな会社は合わなかったという物差し的に使うくらいで是非望んでほしい!(弊社は中途・新卒関係なく、Tシャツだろうが作務衣だろうが、評価は変わりませんw)
2022年4月入社の新卒の採用活動は原則オンラインで実施するため、服装もこだわらないとのこと。
スーツでない方が少しはリラックスでき、面談時にお互い本音で話ができそうな気がします。
スーツじゃない方が、その人のセンスを感じられて良いかもね。
スーツ不要というより、スーツ禁止ぐらいにしてほしい。
株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英語: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
5.21 兆円

業績