新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロラド州は20年以上前のコロンバイン高校、オーロラ市での劇場と銃乱射事件が過去にもあった場所だが、今度はスーパーでの事件。これだけ事件が起きても銃規制は進まないアメリカ。他人が殺されても自分の権利は譲らない。
事件が発生したコロラド州のボルダーには1998年に滞在しました。9月から始まるKelloggのMBAプログラムの事前準備として、コロラド大学のEconomic Institute(通称エコイン)のサマースクールで、約2カ月を過ごしました。今回の悲劇が起こった場所も訪れたことがあります。

ロッキー山脈の麓にある小さな街で、美しい自然に囲まれ、住人はフレンドリーで穏やかな人が多い印象でした。標高1700メートル前後という高地なので、夏場は、マラソン選手を始めアスリートがトレーニングに来ることでも知られています。そんな街で、こんな凄惨な事件が起こったことが信じられません。

永世中立国のスイスでも、銃を所有することは可能ですが、それはあくまで平和を維持するため。購入希望者には厳格な審査やテストが課されますし、販売業者も同様。銃の携行にも許可が必要で、基本的に自宅からの持ち出しは違法です。アメリカもこれに倣うべきでは?
容疑者はすでに捕まったとのことですが、まだ動機などは明らかになっていません。亡くなった方には警察官も含まれるそうです。