新着Pick
140Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これまでは会社への不満(給与、評価、制度、社風、人間関係など)が転職理由として多かった中、将来を見据えた個人的な目標を実現するための転職へと変化しているとのこと。

コロナ禍で今までの働き方を見つめ直し、これからあるべき理想の働き方を一人ひとりが追求する動きが出てくることは、自然な流れだと思います。

ネガティブな理由からの転職よりも、もっとこうしたいというwantを叶えるためのポジティブな転職が増えることはいいことですね。
人気 Picker
より本質的な「何のために働きたいのか」「自分はどうありたいのか」を見つめ直す傾向が見えて面白いですね。たしかにコロナ禍を受けて転職・独立・副業などの希望者はそれぞれ増えています。この傾向はしばらく続くのではないでしょうか。
全体的な印象としては、
コロナ前は、現在の状況に対する不満が転職理由
コロナ後は、先行きに対する不安が転職理由
になっているように見えます。

コロナという未曾有のショックがあった中では、現在を当たり前と思う思考が揺らぎ、先行きを見直すのも自然な流れか。

仕事は可処分時間の多くを占めるものなので、何がきっかけであったにせよ、自分にとってベストな仕事は何かを考えること自体はとてもいいことかなと。
時間ができたことで、改めて仕事について考える機会増えた結果だと思う。その頃はZoom飲みとかもあって、普段会えない人ともコミュニケーションできていたので、会社以外の人の価値観とも触れただろうし。

時間ができれば、改めて自分の関わることについて本質は何なのか、と考えるようになったのはいいこと。それは会社や仕事、働き方もそうだし、家族関係とかもあるかもしれない。