新着Pick
565Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人間株式市場ってVALUを思い出すのだが…
クリエイティビティや影響力へのマネタイズは、これまでは広告などだった。一方でそれによる課題が一定あるから、こういうサービスが登場する。本来的には短期・炎上からの離脱を狙っても、一方で市場化されると投機が投機を呼ぶのが現実。
NASDAQがITバブルを超えたのはITバブルから約20年。クリエイティビティへのマネタイズは変わりそうとは思っているのだが、まだ調べ切れていない・考え切れていないので具体までは思い浮かべられていない。ただトークン化による完全な市場性ではないように何となく思うのだよなぁ。
なんというか、市場でリアルタイムに取引できることと、企業・クリエイティビティの存在期間は合致しない。ただ企業は利益を生む存在であり将来のCF期待に対して割り引くという金融商品評価の手法を持ち込むことで、異なる存在期間でも等価換算をできるようにしている。一方で、クリエイティビティはお金は産まないが、評価が存在し変化する。その観点で通貨に近いが流動性がないし、コモディティとは違い実質的な使用価値はない。
海外のクリエイタービジネスは日本の5年先をいっていると言われています。一方で日本でも同様のマーケット変化が少しずつ現れていると感じています。

別のところでも書きましたが、YouTubeの再生収益だけでマネタイズを考えていた時代から以下のようなマーケットの変化があるかと思います。

・YouTubeでの競争激化→アドセンス収益が不安定
・プラットフォーム依存リスク(アルゴリズム、規約変更、規約違反によるバンなど)
・アテンション集めることの疲弊(再生数集めから本当に良いコンテンツづくりに注力できるようにしたい)

今後日本でもファンコミュニティビジネスは加速していくと思います。
DX時代は人と人の距離がとても近くなっている気がして、「便利さ」や「お金を稼ぐ」の方向性だけで本当に良いのかを考えてしまいます。他人の人生の時間が売り物になる時代に、もう一度「人の自由さ」や「人と人の良き距離感」について考えたいですね。
誰でもマネタイズできるプラットフォームが次々に立ち上がっています。クラウドサービスを使えば、アイデア次第で、いろんなプラットフォームがつくれる時代なのですね。実業より虚業。その先に待っているのは?
人生に価値をつけてコンテンツ化する流れは、これから更に加速すると思います。自分の人生に対しては限りなく語れますし、価値観も尖っているほど差別化、専門性は高まるんじゃないかと。
凄い時代になりましたね。
少し前に人によって結末の変わる映画が流行るなんて話がありましたが、インフルエンサーの行動を変えること自体をコンテンツ化するなんて…。
少しずつ、過激化というか宗教化している印象を受けました。
んんん~、初見にてひと言。ちょっとこわい。

特にお金が絡むことですので、エキサイトした結果…となるようなことが起きなければ良いが。注目して見ていきたい分野ではあります。