新着Pick

宇宙線で誤作動、年間3万件 通信装置、NTT推定

共同通信
宇宙線で誤作動、年間3万件 宇宙から降り注ぐ放射線(宇宙線)によって電子機器が一時的に誤作動する「ソフトエラー」と呼ばれる現象が...
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
衛星は常に宇宙線にさらされているので、それなりに防護しているが、地上の機器はそうした防護をしていないだろうから、誤作動も起きるんだな…。宇宙線(放射線)は地上にも降り注いでいるのは理解しているが、誤作動が起きるほどとは…。
ソフトエラーは、経年劣化などとは異なり、データの書き込みや再起動で正しい状態に戻るエラーなので、再現性がなく厄介ですね。
だからこそ推計なのでしょうが、推計ができるようになったということは、今使われている機器ならば、中性子線を使いエラーを3万は起こせるということ。攻撃への活用を想定した防衛措置の開発も推進したいところですね。
この放射線による電子機器の誤作動はSingle Event Upset(SEU)とも呼ばれ、衛星では対策が必須である。一方で、ニュースになるほど、地上の通信装置でも問題が起きているとは知らなかった。半導体デバイスの微細化、動作電圧の低電圧化によりソフトエラー発生率が増加するらしいので、その影響だろうか。しかし過去の情報がないので、問題が増加したのか減少したのかよくわからない。
最近のチップは回路がめちゃくちゃ細いので余計に宇宙放射線に脆弱になっているよですよね。
はるか昔から常識だと思ってたけど、調べてみると1978年にIntelが発表したのが初出なんだね。

もう40年以上前の話。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0502/irps03.htm
ソフトエラーが注目を集めるようになったのは、'78年のIRPSでアルファ線によってDRAMセルにソフトエラーが起きることをIntelが公表してからである。その後の'90年代には、宇宙線によって発生する中性子線や重イオン線などがソフトエラーを起こすことが分かってきた。'95年のIPRSでは、中性子線が半導体チップ中のボロン(B)原子に衝突し、アルファ線が放出されるメカニズムをTexas Instrumentsが明らかにした。
地上機器にも、宇宙機器と同じ「耐放射線仕様(Rad-Hard)」デバイスを使わないといけない…ということなのでしょうか?

高エネルギー粒子の飛来確率に変化はないので、地上の通信機器の数が増えて、発生確率との掛け算で、誤動作回数が増えたのでしょうか。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
三体世界っぽい
宇宙人が交信してたりしないかな?
日本電信電話株式会社(にっぽんでんしんでんわ, にほんでんしんでんわ、英語: Nippon Telegraph and Telephone Corporation、略称: NTT)は、日本の通信事業最大手であるNTTグループの持株会社。持株会社としてグループ会社を統括するほか、グループの企画開発部門の一部を社内に擁し、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有する。 ウィキペディア
時価総額
11.1 兆円

業績