新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バイデン政権は米国と中国の関係を競争関係になるとずっと説明してきた。それは一貫している。バイデン大統領の考えは、(1)「米国にとり中国は対峙すべき相手であり敵国である」とは考えていない。是々非々で対処する相手とバイデン大統領は考えている。(2)しかし、いまの条件下で米国と中国が競争を続けるときは、米国が軍事、技術、経済の分野で中国に敗北してしまうとバイデン政権は危惧している。トランプさんも米国の敗北を危惧していたので「アメリカファースト」という言葉を使った。(3)米国にとり不公平であり、中国に有利な競争の条件を根本から変更する必要があるとバイデン政権は考える。そのために中国と競争しながら、中国にバイデン政権が考えるルールを受け入れさせるための米中協議を進めたい、と考えている。
そう考えると米中外交トップ協議の二日目、気候変動、国際機関での協力、新型コロナウイルス対策などのテーマを議論することは、バイデン政権にとり重要なことになる。また、米中協議を定期化することがバイデン政権にとっては不可欠になる。交渉テクニックに長けた中国が米中協議の定期化に応じるかどうかは不透明だが。