新着Pick
208Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もともとグランドハイアット福岡は、地場の会社、福岡地所の虎の子の一つだったと思いますが、コロナ禍で集客が激減する中、バンケット(宴会場)を自社のオフィスに使うなどしていました。手放したい、と。

コロナ禍の出口がくれば必ずニーズの高い良い物件ですから、ここで、星野リゾートが手を挙げるわけですね。
運営の質、ホスピタリティは上がりそうで楽しみです。
星野リゾートと福岡地所の間で
相互に得意分野に資源の集中を行う
ポートフォリオの入れ替えが行われた
と受け止めています。

福岡地所は、本来の強みであるオフィス
ビルと親和性の高い物件を手に入れ、
星野側はリゾート施設としての性格が
強いグランドハイアットを手にするという、
win-winの構図。

商業用不動産投資の分野でこれだけのダイナミックな
ポートフォリオ入れ替えが出来たのは、画期的でよいケーススタディになると思います。

コロナ禍を乗り越えて、星野リゾートが取得した物件の価値向上にどんな手腕を発揮されるか期待したい。
不動産関連の知り合いの情報によれば、外資もコロナ後を見据えた日本の宿泊施設の物色が活発だそうです。
福岡出身者としてビックリであり、感慨深いニュースです。

キャナルシティができた時から横にそびえ立っているグランドハイアットは高級感そのものでした。このホテルでバイトしていた友人は誇らしそうだったのを覚えています。私も大事な商談は、ここのラウンジを使ったことがあります。
それが星野リゾートになるとは驚きです。

一方、ANAクラウンプラザホテル福岡は博多駅近くの便利なホテルです。こちらもANAのCAさんが宿泊する由緒正しきホテルという印象でした。

どちらも泊まったことがあり、素晴らしいホテルでしたが、古びてきたことは否めない。最近は新しくて綺麗で便利で安くて駅近なビジネスホテルが溢れてきましたから、コロナ禍で顧客が減っているのは明らか。リニューアルできる企業が手を挙げるのは自然な流れでしょう。

しかし等価交換というのは特徴的ですね。
博多駅近くの利便性を取りたい福岡地所と、キャナルシティ横でリゾート感を演出したい星野リゾートで、両者の思惑が一致したということでしょうか。
福岡のグランドハイアットは、ハードもソフトも評判が良かったです。
運営会社が変わると、ソフトの面は変わりますね。

ハイアットグループは、ポイントが随分溜まっているので、国内で使おうかと事案していたところで、福岡のグランドハイアットは候補の一つでした。
取り敢えず機会があれば行ってみようかな。
へ〜っ!福岡は高級ホテルが少ないからこれは良い投資になりそう >星野リゾートがグランドハイアット福岡取得 コロナ後見据え
博多駅から少々距離がありますが、商業施設(キャナルシティ)・中洲川端にも近くて観光客にとっては好立地だという印象です。
キャナルシティ→福岡地所→福岡シティ銀行(現西日本シティ)→四島頭取、まで行く人って今はあんまりいないんでしょうなぁ
カンブリア宮殿で代表の星野さんがコロナ禍で人を解雇するとコロナが回復したあとの立ち上がりができなくなると仰っており、個人の生活を守るということはもちろんのこと産業としての衰退を防ぐためにコロナ禍をなんとか耐え抜く必要があると仰っていました。

試行錯誤して宿泊者を増やそうとする適応力の高さからこれからもサバイブできる企業だと感じましたし、今回のように攻めが最大の防御ということを体現してくださっていると思いました。
インバウンドが再開すれば確実にアジアからの観光客は戻るので非常に素晴らしい投資ですよね。
三菱地所株式会社(みつびしじしょ、英語: Mitsubishi Estate Company CO., LTD.)は、日本の不動産ディベロッパーである。丸ビルや新丸ビル等のオフィスビルのプロパティマネジメントを担う三菱地所プロパティマネジメントや、住宅事業を担う三菱地所レジデンス、設計事業を担う三菱地所設計等をグループ内に有する。 ウィキペディア
時価総額
2.55 兆円

業績