新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
CJグループについて重要な点は物流企業・食品企業でもあるという点。それにより、コンテンツも組み合わせたパッケージ感が高まります。カン・ハンナさんが指摘されています。

【カン・ハンナ】韓国コンテンツが世界で「勝てる」理由
https://newspicks.com/news/4682997

また、「パラサイト」の受賞について、そこに至るまでの韓国映画界について韓国の社会政治的な視点から考察した私が執筆した記事はこちらです。

【解説】韓国「パラサイト」、世界初アカデミー受賞の真相
https://newspicks.com/news/4620752/

そもそも韓国映画やエンタメは苦難の歴史でもありました。そこから粘り強くクリエイターたちが作品を作り続け、韓国の民主化の定着や日韓関係の改善なども関係し(外交だけでなくアーティスト交流や市場拡大で日韓関係の改善は重要な要素)、大きく花開く日を迎えたとも言えます。「スタジオドラゴン」など現在の栄光は、こうした長年の積み重ねの上にあるともいえるかと思います。

その上で、CJのような現代に合う形の巧みなビジネスモデルができたことで加速していったのではないかと私は考えています。

また、韓国映画の歴史を語るうえで欠かせない鍾路。下記の記事が参考になります。現在、大都会となったソウルのなかで、鍾路界隈の路地に入ると小さな食堂がひしめき、昔ながらの姿をとどめています。
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191014001000882
製糖業から始まった企業がいま、韓国エンタメを支える「韓流の巨人」に。日本ではあまり知られていない韓流の陰の立役者ともいえるCJグループを探ったリポートです。