新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
JASRACが今回の裁判に踏み切ったきっかけは、そもそも徴収対象を拡大しないと著作権収入の維持をできなかったことがあります。
https://diamond.jp/articles/-/175701?page=5

平たく言うとCDやレコードのビジネスが厳しくなる中で、その埋め合わせとして徴収範囲を広げざるを得なかったという話です。

なので、この裁判自体をどうこう言うつもりはないです。取れる所から取るというのがJASRACの仕事だと思うので。

とはいえ、音楽教室の徴収ではなく、テレビ局・ラジオ局との非常に低いロイヤリティの見直しをすれば、一気に徴収額も改善しそうですよね。

ちなみに音楽教室への請求ロイヤリティは2.5%で、テレビ局へは1.5%と言われています。なぜ、ここまで差異があるのか分からないんですよね。一律2.5%にした方がまだ公平な気もします。
人気 Picker
JASRAC側からすると有料ビジネスのなかで著作物が使われているのでその一部をいただきたいと主張するのはわかるのですが、一方で音楽教室など使用目的が限られているなかでも徴収されてしまうと徴収される事業者は管理含めて現実的ではないなと思ったのでこの判例はアグリーです。
これに対して著作者はどう思っているんだろう。僕も自身のバンドで音楽を出していますが、、正直演奏してくれるのは嬉しい以外なんの感情もない。
JASRACのことは大学院の知財の判例研究で学んだので設立意義も理解しているが、どうしても解せないのは、そういうこと(知財関係)を教えてる大学院に寄付しているらしいこと。そんなロビイングやってる金があんのか・・・と思っちゃいました。
JASRACの後ろには、大好きな曲を作ったアーティストがいる事を教育して欲しい。
「生徒の演奏については徴収できない」というのは、教室を開いている方にとっては朗報ではないでしょうか
私の知る限り、ピアノの音楽教師はリズム、付点、強弱、ペダルを口頭や手のひらの合図で教えることがメインで、模範演奏や連弾はほとんどない。

管楽器や弦楽器では、レッスン時間の1割程度は模範演奏がある。リズムや強弱を教える目的で、一緒に合奏をすることはある。

その意味で、JASRACは一審で想定していた著作権料の2割程度までに下がったという肌感覚です。

ただし、管楽器では教師がピアノで伴奏をすることがあり、ここは伴奏譜の扱いがややこしそう。
共同通信お得意の見出し詐欺

JASRAC の著作権料徴収認める 音楽教室訴訟で知財高裁
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG1585S0V10C21A3000000/
ヤマハ株式会社(英語: Yamaha Corporation)は、静岡県浜松市に本社を置く、楽器や半導体、音響機器(オーディオ・ビジュアル)、スポーツ用品、自動車部品、ネットワーク機器の製造発売を手がける日本のメーカー。日経平均株価の構成銘柄のひとつ。 ウィキペディア
時価総額
1.13 兆円

業績