新着Pick

根深い差別の撲滅に「パラ五輪教育」が最適な訳

東洋経済オンライン
東京オリンピック・パラリンピックの開催まで半年を切った。そんな中で、五輪開催への根幹をなす組織委員会の会長が失言で交代するという、なんともみっともない事態になって、新会長には「五輪の申し子」と呼ば
20Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
オリよりパラ。
国全体の意義を考えると、今回、パラこそをみんなで盛り上げて、子どもだけでなく大人の心にも変容が訪れることを願っている1人だ。
一押しは、ボッチヤ!
健常者と障がい者が、全く配慮なくガチで戦える唯一のスポーツだと信じ、応援もし続けている。
ボッチヤは、世界が良くなるスポーツです。
人気 Picker
たとえ無観客であっても、もしパラリンピックが東京で開催できるなら、その様子が報道されることは1964年からの進歩の象徴になるのではと思っています。パラ五輪を通じて、ダイバーシティ&インクルージョンの考え方が進んで欲しいと願います。
無自覚な差別や蔑視はまだまだあります。
自分自身も気をつけなきゃと思うし、無くしていきたい。
株式会社東洋経済新報社(とうようけいざいしんぽうしゃ、英語: TOYO KEIZAI INC.)は、ビジネス書や経済書などの発行を専門とする、日本の出版社である。東洋経済オンラインをはじめとするWEBメディアの運営も行なっている。 ウィキペディア