新着Pick

鴻海のEV工場建設地、メキシコか米ウィスコンシン州で年内決定へ

Bloomberg
台湾の鴻海精密工業(フォックスコン)は、同社初の電気自動車(EV)工場の建設地をメキシコまたは米ウィスコンシン州で調整しており、年内に決定する。主要顧客である米アップルを含むテクノロジー大手がEV参入を検討する中、同社も大きな賭けに出る格好だ。
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Hon Haiとウィスコンシン…元々ディスプレイ工場の話があった、というのは大統領選挙でスウィングステートと呼ばれる地域で、選挙の際にアピールとなる。
メキシコかウィスコンシン州かというのは、コストはメキシコのほうが安いわけで、でもウィスコンシン州に作って米国の産業・雇用に寄与するというのもありだから、補助など考慮してよ、ということ。

ディスプレイ周りは経過をずっとPickしてきたので下記などを。

2017年9月:巨額補助(ウィスコンシンはスウィングステート)
https://newspicks.com/news/2511246

2018年5月:投資額減額
https://newspicks.com/news/3049625

2018年11月:人材難という言い訳
https://newspicks.com/news/3443032

2019年1月:パネル工場見直し
https://newspicks.com/news/3635280

2019年2月:大統領と面会しやっぱやる宣言
https://newspicks.com/news/3642808

2019年2月:巨額補助金あったのにうまくいってないよね深堀。
https://newspicks.com/news/3655397

2020年10月:トランプと約束した金額に全然投資額いっていないよ
https://newspicks.com/news/5301226
電動化、自動化に加えシェア化が進展すると、ハードとしてのクルマにはスタンダードな性能があれば良いという方向になります。
受託生産者には商機があります。
クルマが個性を競って成長してきた中で、日本の中堅メーカーには、こうした割り切った判断は難しいでしょう。生き残るための決断まで時間はあまりなさそうです。
自動車と家電の違いは、開発〜生産の全般に「すり合わせ技術」が必要だと言われてきました。

特に日本メーカーは、開発者が製造現場にも足を運んで「ちゃんとした性能、品質が確保できるか」を擦り合わせることで高い製造品質を確保してきました。
EVになったらこの強みがなくなるのか...これが日本メーカーにとって大変重要なポイントなのだと思います。
EVになれば部品点数は大幅に減ると言われていますが、それでも数万点という膨大な部品を使い、高い安全性が求められる製品ですから。

日本メーカーはEVの走行距離や自動運転といった新技術開発と並行して、「なぜ今までの日本車が評価されてきたのか」をしっかり振り返ることも必要だと思います。
iPhoneは中国深圳などで組み立てられているが、自動車になると輸送の手間、コストや関税もあり、現地で少なくとも組み立てることが求められることが多い。アメリカは自動車の消費地としても大きなエリアなので、アメリカで自動車を組み立てるのは勿論新たに進出する会社にとっては選択肢にはなる。
一方でサプライチェーンという意味では各自動車メーカーはそれぞれに自社の部品サプライチェーンを築き上げてきた経緯があり、横持ち運賃を出来るだけ減らしVMI対応したい自動車メーカーとしては現地調達に対応するために、サプライヤーであるtier1やtier2は現地に工場投資してきた。
こうした中西部やメキシコにいる既存の自動車部品サプライヤーが全く見向きもしなかったのがテスラであり、テスラは自社でサプライチェーンマネジメントを行い、主に台湾などから調達する独自のサプライチェーンを築き上げている。
foxconnがアメリカでEVを作るとなれば、サプライチェーンとしてはテスラのサプライヤー網が追随する可能性が最も高いのだろう。

メキシコとウィスコンシンだと、ウィスコンシンも候補にはなるのかもしれないが、ディスプレイでは投資するするといってもしなかった経緯もあるので果たして。
悲願のクルマ参入か
ホントに工事建設するのか。
仮に工場建設したとしても、EVじゃない可能性も高い。

その位の精度のニュースでしょう。
スマホが成熟市場に移行しつつある中で、EVは明らかに成長産業。これまでのガソリンエンジンでは新規参入のハードルが高くとも、EVであれば十分自社の強みが活きる。まだまだ売上拡大しそう。
鴻海の劉揚偉会長が台北で16日開いた記者会見で「(メキシコまたは米ウィスコンシン州)で事業を運営しているため、EV工場にも既存環境を活用可能との見方を示した」とのこと。
Bloombergは「主要顧客である米アップルを含むテクノロジー大手がEV参入を検討する中、同社も大きな賭けに出る格好」と評しています

日経新聞も書いていました
鴻海、北米にEV工場を建設へ 年内に立地決定:日本経済新聞
https://newspicks.com/news/5691837

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
233 兆円

業績