新着Pick
303Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コロナの被害が少なかったのに、やれ欧米ではこんなに強い規制がしかれているのに日本はゆるいだの、根拠と効果の不明な飲食店時短を強要するだの、ほんと、データとファクトを使いこなして腹くくってリーダーシップとることが出来ない人たちがトップに立ってる不幸って、ここまでくると笑うしかない。
人気 Picker
他の先進国はコロナ死者数がものすごく多く、半端ない行動規制がなされています。

コロナによるダメージが日本とは比べものになりません。

死者数や重症者数が欧米と同レベルであった方が良かったのでしょうか?

外出禁止令が発令されて、外出者が逮捕されるような状況の方が良かったのでしょうか?

経済成長率の方が大事なのでしょうか?

コロナ被害が欧米よりもはるかに軽く済んだことを全く無視しているようで、本記事には大いに違和感を覚えます。
まさに全面解除が報じられている最中ですが、米国では正常化の過程に日付が入り始めています(定かではありませんが)。ワクチン調達具合もよりましょうが、為政者の立ち回りに随分差があるなと感じる次第です。

インフレ期待の趨勢を踏まえ、近況を整理してみました。ご笑覧くださいませ。
その通りだと思います。
海外も行動規制はそれなりにやってますから、慎重で同調圧力の強い国民性の要因も大きいのかもしれませんね。
米国との比較で言えば、根拠薄弱な日本の財政均衡主義も遠因かもとも思ったりもします。
概ねその通りかと思います。欧米と変わらず経済を落ち込ませた効果が欧米以上にあって陽性者数も死者数も少なく済んだというならまだしも救われますが、新型コロナウイルスの影響が全般的に少ない東アジアに目を向けると、隣の韓国の陽性者と死者は日本の約4割、抑え込みに成功した台湾は累計陽性者990名、死者10名で我が国から見ると皆無と言って良い状況です。欧米並みに景気の足を引っ張る抑制策が効いて救われたようには見えません。
残念ながら『メディアや地方自治体の首長が不安を強調し』、『具体的な手段や数字をもって期待や希望を示すよりも、政治が優先されやすく』、『根拠薄弱な行動規制が慢性的にくり返され』て『民間部門の経済活動がリスク回避的なものとして定着し』、新型コロナウイルス禍が去ったのち、日本は経済的な貧しさを更に増しそうに感じます。
『地方自治体の為政者やメディアが率先して不安を煽るような風潮』は一体どうして醸成されるのか・・・ 心情的には否定したいけど、否定しきれないものを感じます (/_;)
PwCが、2021年1月から2月にかけて世界100カ国・地域の5,050名のCEOを対象に行ったPwCの「第24回世界CEO意識調査」で、世界経済の成長に自信を示したCEOの割合は2020年の22%や2019年の42%から上昇し、76%が2021年の経済成長の回復を予測しています。

その理由として「ワクチンの急速な開発や世界の多くの地域でワクチン接種が進むことで経済の成長が回復する」とされており、逆に言うとワクチン接種が進まない地域では、経済の回復が期待されない、ということです。

経済成長への自信は、業界によって異なっており、テクノロジーや通信セクターの今後12カ月間の自社の売上成長に対する CEOの自信は、それぞれ45%および43%と最も高い水準を示している一方で、運輸・物流のCEOの自信は29%、ホスピタリティ・レジャーは27%と、最も低い水準となっています。
日本のGDPにおけるテクノロジーや通信セクターの割合は低く、逆にサービス業が高いので、経済成長が期待され難い、という要因もあると思います。

しかしながら、ワクチン接種の進捗が、足許では最も重要な要因であることは間違いないと思います。

ワクチン接種の計画策定は、国から明確な指示がなく、各自治体にほぼ委ねられていると聞きます。

PwCコンサルティングは、千葉市との取り組みを通じて作成した「新型コロナワクチン接種・業務計画策定支援ツール」を他の自治体へ無償提供し、ワクチン接種に関する業務計画などへのアドバイス・支援を行っていくこととしました。

合計数時間程度のウェブ会議、およびメールや電話でのやり取りであれば無償で対応します。

https://www.pwc.com/jp/ja/press-room/covid-19-vaccine-support-tools210308.html

国の対応が間に合わないのであれば、民間企業として出来る事を、と思っています。
アメリカとイギリスは、感染率が高かった反面、ワクチン接種率も早いので、経済回復もV字型が期待されているところ。日本の感染率は比較的低いにも関わらず、現状では景気回復の遅れが懸念。
きのうのLA郡の感染者数は318人。東京都は409人。ついに逆転しました。年末年始は毎日数万人で東京の10倍近くあったのに。(人口はだいたい同じ)

ですが小野家はワクチン接種までガチガチの対策を継続します。もう1年以上、仕事と保育園関係以外では誰とも会ってません。
日本を先進国と思っている人がどれだけいるのでしょうか…。
隣国に学ばずといった行動の結果が如実に出ています。
どこでその負の連鎖を断ち切ることができるのでしょうか。
話は逸れますが、若者の自殺者の多さもさることながら、悲観論がこれだけはびこるのはなぜでしょう。
日本の未来へ希望を抱けないのは若者だけではありません。
現実を知ること、見ること、学ぶことでミクロの変化、マスの部分でメディアも変わらなければならないのでしょう。
コロナフリーに早くなれるかどうかで、
経済活動の回復速度が決まります。

インドは、
ワクチンではなく自然感染で、
インド全体で抗体保有が進み、
先月からワクチンの接種も進んでおり
世界に先駆けてコロナフリーになる国の一つに
なりそうです。

今年のIMFの実質GDP成長率予測は
11%超と世界最高率。
昔々、もはや戦後ではない!という有名なセリフがありましたが…

もはや先進国でない!

が事実なような気がします。
それでも、国民が幸せならば良いとは思いますが、幸せかな?