新着Pick

時短営業応じない飲食店、都が命令へ…早ければ18日にも

読売新聞
東京都は、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が発令されている都内で営業時間短縮の要請に応じていない複数の飲食店に対し、時短営業を命令する調整に入った。すでに対象店舗に事前通知の文書を出しており、到着後の営業実態を最終
228Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弁明の機会があるとありますが、グローバルダイニングさんのやり取りを見る限りかなり一方的な内容と感じます。下記同社の取り組みです。
〈弁明文〉
https://docs.google.com/a/global-dining.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=Z2xvYmFsLWRpbmluZy5jb218Y29ycG9yYXRlLW5ld3N8Z3g6MmFjYzE2MDg2MWNkYjBhMA
〈事前通知について〉
https://www.facebook.com/1119856005/posts/10219011600657189/?d=n
政府が緊急事態宣言の解除に動こうとすれば、都は時短営業の命令に動く。なんだかチグハグな感じが拭えません。強い姿勢を見せれば不満を抱く多くの人々が快哉を叫ぶのは間違いなさそうですが、すっきりしない思いが残ります。
陽性者数が下げ止まり始めた2月26日に、東京都はPCR検査の方針を変更して、高齢者施設等に絞っていた濃厚接触者を追いかける積極的疫学調査を、無症状の感染者が多い現役世代に広げています。この変更が、隠れた感染者を炙り出して陽性者の高止まりに寄与していることは想像に難くありません。
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/ekigakuchousa.files/ekigaku.pdf
死者は陽性者に遅れて出るからこれから増加が見込まれる、と首都圏知事と専門家は緊急事態宣言の延長に先立って主張していたと記憶していますが、3月15日までの東京都のデータを見る限り、死者数は逆に減り続けているようです。
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/ekigakuchousa.files/ekigaku.pdf
陽性者は下げ止まっているが死者は減っている、というのは検査方針の変更と整合します。都はこのあたりをどう見ているのでしょうか。
ルールがあって権限がある、そして本当に怖いウイルスが現れた時、ルールを守らない輩が続出したら大変です。だから都が必要に応じて権限を行使するのは当然ですが、この期に及んで強権を発動するなら、検査方針の変更が陽性者数に与えた影響、今後増加すると主張した死者数が逆に減った理由、事業者に時短を厳しく求める反面、法整備の要求等を含め医療体制の拡充にさしたる力を入れない理由等々、きちと説明した上で発動して欲しい。
上のURLにある通り、陽性者数が順調に減り始めた1月22日に東京都は積極的疫学調査の方針を変更しています。無症状感染者の多い現役世代の検査を減らして高齢者等に重点を移していますから、これが陽性者数の減少と高齢感染者の増加という実際に起きた結果を導いた可能性はかなりの程度ありそうです。そうしてみると、そもそも時短が本当に陽性者数の減少に効いたのかどうかさえ、疑問の余地がありそうですからね・・・(・・;
まさに見せしめ。権力の濫用。だって21日で終わるんでしょ、、、
改正特措法そのものに違和感があります。そして、命令を実際に適用することには、もっと違和感があります。協力要請にこれほど応えている国民に、行政側はやるべきことをやらないまま「命令」するのは、やはり筋が違うと思います。GOTOが招いた第3波を、飲食店への時短要請が収束に導いたのは確かですが、そこに「命令」を加えても状況が変わるとは思えません。ワクチンという出口があるのですから、潜在的感染者の掘り起こしと隔離こそがやるべきことだと思います。まずはPCR検査を全額負担することではないでしょうか。
緊急事態宣言解除の直前になって、このような強行措置を採るのは…理解不能です。

権力欲をみたしたいだけの暴挙ではないでしょうか?
他の方も触れられていましたが、グローバルダイニングの長谷川社長の弁明書から、施設の使用制限の命令についてまでの流れは、本当に一方的に思います。少なくとも、20時以降に営業した1879件中命令書113店を送付した店舗をどのように選定したのか、東京都は明確にするべきだと思います。
長谷川社長の弁明書は飲食業を誇りにしてる経営者の気概を感じ応援しておりました。
都民の税金を預かって都政を担う立場にある方々には説明責任があると思います、今回の措置は、個人的には女王様に逆らったお仕置き、のように見えます。

東京都はこれまでも飲食店を介したコロナ陽性者が一体何名いるのか、その数が全体のコロナ陽性数の何%にあたるのか、公表していません。
少なくともこのような措置を取る以上、この1年間の数字を明確に公表するべきだと思います。
グローバルダイニングの長谷川社長の弁明文、また2回目の緊急事態宣言発出時に発表した声明もきちんと筋が通っていました。
方や都知事。
東京アラート、140人、言いっぱなしなことが多すぎ。このタイミングは見せしめとしか考えられず、あらゆる面で筋が通っていない。
メディアは攻めるべきはこちらではないのですか?
これは難しいんじゃないかな…
やってます!と宣言して協力金もらわずに開けてる店舗と同数以上は隠れて開けて協力金申請してる所がある。
更に1,000以上確認されてる隠さず営業してる店舗のうち100店舗程度にしか命令を出さずに、っていうのは飲食店の分断も招きそう。
ウチは神奈川がメインですが会社の存続に関わるラインを割らない程度に店開けてます。全店20:00とか休業のレベルでこのまま続けたら先がないので、コントロールできる範囲の赤字に収まると計算出来るところまでは売上取ろうと。
21日を超えても当面は21:00まで(協力金4万…)なのは決まっていて多分7,8月まで続くんだろうと予想して。

「色々やりようあるだろう」と思われる経営者の方もいるかと思いますが、全くもって何ともならない事業者もいるのは飲食店やっていると容易に想像出来ます。
細かいこと書くとメチャメチャ長くなるので割愛しますが。

僕も逃げも隠れもせずに神奈川で同様の命令が出た時は納得出来るまで説明と対応を求めたいと思います。

最終的に裁判所でこの一年溜めてきた言いたい事全部言う機会ができると思えば悪くはないですし。

事情があるのだとしても結果的にとにかくザルな6万やるからみんな店閉めて、な要請や命令に部分的にでも共感する事は今後もないです。
不必要に飲食業界の分断を煽るような事はやめて欲しい。
東京都庁は、もっと骨のある組織だと思ってた。国がおかしかったら、都民のために戦う組織だと思ってた。誰のために東京都庁は存在しているのか、よく考えてほしい。国のためではないし、小池知事のためにあるのではない。
追伸: 東京都庁の職員は誇りを持って働いてほしい。それぞれの職場で。都民は東京都庁を頼りにしている。
政治が対応しているということを示すためのパフォーマンスに過ぎないですね。

これは政治の暴挙以外の何物でもない。
きちんとしたエビデンスに基づき対応し、病床確保など諸々の体制を整えることができないとしたらそれは行政の怠慢です。

パフォーマンスが行きすぎると権力の濫用に繋がります。東京は独裁都市になろうとしているのでしょうか?