新着Pick
274Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
デジタルツインはデータの文脈だけでなく、人の体験という文脈で、現実社会の新しい都市の使い方をデジタル空間上で人々に体験してもらうことによって、スピーディーな合意形成を図るツールとしても期待できると思います。

こういったコネクティングサービスは今後益々発展していく中で、データ処理だけに捉われず、その中心には人々の体験を良くすることを意識し続けることは大事だと思います。そしてその先に「テクノロジーを意識させない社会」ができあがれば、それはワクワクする未来だと思います。
ここでいうIoTは、ユビキタス、センサネットワーク、M2M、スマートXX、などと名前を変えて、この20年常に期待されてきました。
 リアルからデータを集めて、価値に変えてフィードバックするという循環の絵もこの20年一貫して描かれてきました。実態が始まりませんでした。
 いろいろな要素は徐々に整ってきました。クラウドやスマホや機械学習の普及が置きました。いよいよ5Gも加わります。
 そろそろ何かが起きてもよいころではあります。
 いいアプリを創る人が出てくるかが鍵だと思います。
家中で照明や電源、スマートリモコン、スマートメーター、ヘルスケア商品などIoTを使いまくっているのですが、やはり、設定がめんどくさいんですよね。
個人が家庭でIoT製品を使いまくる未来はなかなか想像できないです。
もう少し直感的に設定ができるようになればいいんですけどね。
ホロレンズのようなMRゴーグルでIoT製品を見ると設定が見えたり、その場で指で設定を変更できたりしたら、直感的でわかりやすいように思います。意外とMRゴーグルのキラーコンテンツかもしれません。

今回のように、都市計画などの分野で、メンテナンス設定も含めてビジネスとするのは可能性があるように思います。

純粋なソフトウェア製品は英語圏の企業にかなわないと思いますが、こうしたハードウェアとの組み合わせで、しかも言語的な要素も薄いIoTは、確かに日本企業が得意な分野なのだと思います。
データ活用という観点では分析した結果、ユーザの体験に有益なフィードバックができるかが重要です。アウトプットのイメージを明確化して進めていくことはもちろんですが、データ活用に関して倫理観点、セキュリティ観点で問題ないことを示すことも重要でこれが国内だとハードルになりますね。。。
京セラ株式会社(きょうセラ)は、京都市伏見区に本社を置く電子部品、ファインセラミック部品、半導体部品、情報機器、通信機器、太陽電池、セラミック、宝飾、医療用製品などを製造する大手電子部品・電気機器メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2.50 兆円

業績