新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どんなことにもベネフィットとリスクがあります。

国民の優先順位を前に首相が接種を受けることには、国家のリーダーの安全な国外訪問の準備、国民への安全性のアピール、信頼などにつながるベネフィットが考えられる一方、選ばれた人は順番飛ばしができるというような「上級国民」的思想を招くデメリットも考えられます。

米国でも、例えばカマラ•ハリス副大統領の接種にあたり議論にあがりましたが、ベネフィットがリスクを上回ると判断されて、優先的に接種が行われました。

このような議論もまた、ワクチン事業を進めていく上で重要なテーマであると考えます。
現時点で日本で接種可能な新型コロナワクチンは、ファイザー社製のもので、以下の条件で投与することとされています。

接種間隔:1回目の接種から3週間を超えた場合には、できる限り速やかに2回目の接種を実施すること。

日米首脳会談のために、4月8日の日本出国が決まったと報道されたのが、3月15日です、3月16日がその3週間前にあたりますので、2回の接種を日本で行ってから渡米する場合には、必然的に3月16日にできるだけ近い日に接種することが必須でした。

日米首脳会談に出席する日本の政府要人に対しては、特別な対応としてのワクチン接種ですが、接種の仕方も「承認通り」を守らないと、国民の模範が示せませんので、当然に「本日」接種するものと考えられていました。

「接種の上での渡米」については、米国から要望だと思っていましたが、本日の報道では、そのことがも明らかにされました。それにしても、接種の様子も報道され、お気の毒に思います。
「痛そうだったが、そんなに痛くもない」という感想は、いわゆる注射嫌いには微妙な表現ですね… 医療従事者への先行接種での副反応について、コロナ情報を発信する官邸Twitterでの公表がはやい印象です。総理自身の体調、体感の変化を、このタイミングで逐次公表して欲しいです。
関係ありませんが、ちょうど菅政権発足から半年ですね。ワクチン接種は3週間あけて1人2回接種する必要があるそうで、4月上旬にも2回目を接種することになります。
一国の首相は、究極なエッセンシャルワーカーだと思っています。
だから、早期接種はmake sense.
副反応が出ないと良いですね。
こういうところ、好きです。
リーダーとしてはありがたい姿だと思います。
至極当然です。
職権濫用など文句を言う人いたら見てみたい
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア