新着Pick
463Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「誰もやったことのない事業?やめておけ。それより、多くの競合がいて未だに勝ち組が決まっていない事業こそチャンスがある」というYコンビネーターの教えそのもの。そして戦略の授業では「まねはダメ」なんて教えますが、競合を徹底的に分析していいところはとことんパクるのもスタートアップの成功の王道だと思いました。
ソフトバンク・ビジョン・ファンドから今年1月に資金調達したのが、ホームフィットネスアプリのKEEP。

中国では2015年頃からフィットネスブームが盛り上がり、「無人個室ジム」やら「ジム+AI+カフェ」などの新たなサービスが出ていましたが、コロナを追い風に激戦から頭一つ抜けだし、一気にユニコーン企業の仲間入りを果たしたのがKEEPです。

彼らが今、取り組んでいるのは「オンラインでのコト消費」。「なんだかんだいってリアルの体験にはかなわないよね」と飽きられないよう、オンラインでもリアルと同じかそれ以上の体験をどのようにしたら生み出せるのかについて、スマートデバイスとモバイルインターネットを武器に取り組んでいます。

さらにKEEPを追いかけるスマートフィットネス・ベンチャーも登場。競争の中で、オンライン・コト消費はごりごりと練り上げられています。

日本では「なんだかんだいってリアルのほうが」派が多数ですが、世界ではオンラインでいかに深い体験を生み出すかについてのノウハウが急速に積み重ねられている。要チェックです。
「ソーシャル性/ライブ性/UI(※)」で「コト/オンライン体験型消費」としての価値を研ぎ澄ます一方、マネタイズはベタに「モノ/ハード売り」も混ぜていくあたりが、興味深く感じました
・オンライン教育分野(これまたホット)でもレッスン
 コンテンツ単体で課金しにくい場合、スマートペン等の
 ハードを(例え直接関係なくても)課金ハードル下げる
 ために敢えてバンドル販売している例も聞きます
・曰く「中国人はソフトに課金せず、ハードに課金する」
 ただ、これも世代間により大きく意識が違うような...

分野ごとに、どこまで前者が高まると課金しやすいのか(ゲームのようにコンテンツからソーシャル性/ライブ性に向かうだけで十分か)、或いは今は単なる新旧の価値観の過渡期なのか、それとも特定の分野/用途は融合形に着地していくのか(?)、注目していきたいと思います

(※)アプリのインターフェースとしてはInstagramに近い形で、エンジニアのコミュニティでは模範的で優れたUIとの評価もあるようです(私自身はこの点あまり詳しくないですが)
ソフトバンク・ビジョン・ファンドも投資したオンラインフィットネス企業について執筆頂きました。

利用者3億人というオンラインフィットネス「keep」。猛烈な勢いで成長し、儲け方は後から考える。

儲かると分かったビジネスモデルはすかさずコピーする、そんな中国スタートアップのキャッチアップする力の凄さを感じる記事でした。

ぜひご覧ください。
オンライントレーニングは、グローバルに一気に増えた。
今はBtoCだが、BtoBtoC市場もあるのではないかと思う。なんというか、会社にジムがあったり、オンラインでやるなかで仕事以外でのつながりを会社としてサポートすることも人が集まる組織として重要度が増していると思う。
オンラインフィットネスが世界中で本当に流行っていますよね。

家で手軽に鍛えられるというだけではユーザーとして価値を感じませんが、ビリーズブートキャンプみたいに自分が惚れ込むインストラクターにオンラインでいじめてもらうと途端に課金できますよね。

私も家のトレーニングルームでzwiftはやっています。zwiftは毎月1,500円の課金ですが、グループライドやレースを通じた世界中のサイクリストとのつながり、バリエーション豊かなコース設定やプログラム、時間の節約(外乗りだと信号で止まる時間が長いのでトレーニングに時間がかかる)といった価値を考えるとコスパ最高です。
ぜい肉を落とすと、豚肉がもらえるキャンペーンが笑えます。
“Pelotonを徹底コピー” これが中国スタートアップの強さなのかもしれません。世界中で流行っているものを爆速でコピーし、中国向けに進化を続ける。いつの間にか本家を超えるケースも。この会社はまだまだ伸びますね。
コロナを追い風にして昨年大躍進、大きく話題となったKEEP。
ビジネスモデルもアメリカをベンチマークしつつ、中国らしさを取り入れながらアレンジされているので、非常におもしろいです。

昨年の下半期にくらいまでは、コロナによる巣篭もりでダイエット需要が加速し、オンラインフィットネスに加え、ヨガ関連を中心にイエナカフィットネス商品、ダイエットサプリなんかのECマーケットも大きく伸長しました。

現在はコロナも落ち着いて中国の方々はほぼ気にせず通常の生活ができる状態となり、私の知人なんかも皆普通にジムに行くようになっています。
コロナを契機に獲得したユーザーの離脱を防げるか、さらにユーザーを増やしていけるか、今年、来年あたりで見えてきそうですね。
KEEP社のマネタイズについて大変興味深いです。

中国は巨大市場ではあるものの、ブルーオーシャンはあっという間にレッドオーシャンに変わってしまう厳しい市場でもあります。
課金サービスは好まれなく、顧客離反も激しい、大金を注ぎ込んでユーザーを獲得できても成功できるとは言い切れません。

マネタイズができる前にどう生き残れるか、みんな必死に考えていて、KEEP社は先掛けてブレークスルーできたのですね。
ライブやSNSなど機能の付加が重要ですが、課金可能なコアユーザーのニーズをきちんと掴めたのは大きな理由だったかと考えます。
この連載について
明日の中国のビジネスを作り上げるスタートアップの生情報を、現地で活躍する投資家たちにレポートしてもらう週刊連載。ジャーナリストの高口康太が、責任編集を務めます。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
17.6 兆円

業績