新着Pick
2024Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今週の連載面白いなぁ〜。個の時代と言われて久しい。誰もが何者かになれる時代。それを望む人にとってチャンスが広がっているのは良いこと。
けど大事なことは、別に、誰もが何者かにならないといけないわけではないということ。バズらなくてもフォロワー増えなくても焦る必要はないし、自分のペースで楽しめば良い。愛されるAuthenticってそういうこと。
Clubhouseが瞬間風速になってしまったのは、インフルエンサーやYouTubeに乗り遅れた人たちが「ここでフォロワー稼ぐスタートダッシュしとかないと!」みたいな焦燥感剥き出しで発信していることに気持ち悪さを感じた人が多かったからではないか。
アメリカでは約3分の1のZ世代がYouTuberになりたいと言ってます。誰でもクリエイターになれる時代となりました。それはツールが増えたから、クリエイターの知識(一つのプラットフォームに依存しないこと)の向上、そしてインターネットでは非常に重要な「アテンション」と「信頼」(Off TopicではこれをAttention & Trust Economyと呼んでます)をどちらとも得られる存在になったからだと思ってます。

その影響で大手プラットフォームおよび新規SNSなどがクリエイター重視のビジネスモデルを提供し始めています。広告ベースのものからクリエイターベースな経済に移る中、ブランドやプラットフォームがどうクリエイターと一緒に成長していくかを楽しみに見てます。

David Dobrikさんは新世代のシットコムおよびレイトナイトショー、MrBeastは新世代のゲームショーを作っています。今の世代に合ったコンテンツフォーマットとテイストのサイクルは常に変わりますが、ちゃんと研究している人たちこそ勝てるチャンスがあると思ってます。実際Jimmyさん(MrBeast)はひたすらYouTubeの分析をしていますし、David Dobrikさんも長年YouTube動画を作っています。一瞬で人気になるのではなく、長年やり続けているからこそ今の立場にいるのが現状だと思ってます。

そのため、今回の取材ではお話しできなかったですが、今後クリエイター向けのメンタルヘルスやバーンアウト用のツールやサービスが流行るかと思いました!

みなさん、本当に記事を読んでいただき、ありがとうございました!
聞けば聞くほど衝撃が増していきました…

先日、こちらの友人と「なんか突然にして、ミレニアルズって古い存在になったね」という話をしたのですが、まさにそれを痛感させられました。

特に衝撃を受けたのが、「クリエイターハウス」です。

クリエイターたちがコラボするために、一つの家に住み、それがVCも絡む一大ビジネスになっている。そこで繰り広げられる人間模様自体もコンテンツとなって、さらにファンが増えていく……。

まさにリアル版のテラスハウスです。

よく見ていくと、日本のYouTuberでも同じような現象はありますが、コンテンツも手掛けるビジネスのスケールがまず違いますし、それがテックとも絡んでくる辺りが興味深い。

いずれにせよ、D2Cから、さらにクリエイター個人がブランド化し、ビジネスになっていくという宮武さんの指摘にはただただうなずされました。

Z世代のクリエイターが織りなす未知なる世界をご覧ください。
この記事は必読!!私も大好きなofftopicの宮武さんがUSのZ世代のスーパースターの在り方を例を上げて説明してくれてる。日本のポップカルチャーが世界、とくにアメリカから切り離されてきてもう10年近く立つが、これを読めば全く我々の知らない世界がすでに拡大しまくってることに衝撃を受けまくる。

広告でなくグッズ販売で利益をあげ、その脇でdispoといったアプリソリューションを開発、またハンバーガーショップを運営したり、クリエイター同士で一緒に住んで、リアルな恋愛を垂流したり、と、ビジネスを多数手掛けるインフルエンサーたち。Jay ZやDr dreが走りだったのを記憶してる人も多いと思うが、いまやcelebrityでなく、tiktokerが縦横無尽。

本当に勉強になります。すごい。
offtopicの宮武さんの良記事。海外動向はなかなか情報として伝わらないことも多いので非常に参考になります。私もofftopic聞いてます。

アメリカの動画やインフルエンサービジネスは日本の5年先を行っていると言われていますが、アメリカの場合はインフルエンサーが企業とのタイアップをする、というだけでなく、その延長線上でコラボしたビジネス展開をしたり、あるいは自身で事業を展開する、または参画するということが起きています。

今後日本でもこの動きは加速すると思っていて、BitStarでもクリエイターやコンテンツを起点とした事業開発には力を入れていきたいと考えています。

それにしてもアメリカは1クリエイターあたりの規模感も違ければビジネス規模も桁違いで夢がありますね。
面白いですね。インフルエンサーの稼ぎ方は広告でなくアパレルなどのグッズ販売とのこと。手帳で稼ぐメディアのほぼ日とも通じますね。ファンの憧れ、同化欲を満たすものは結局フィジカル、というのが人間の変わらない本質のようで、示唆深いですね
もう一点、全てをさらけ出す身近な存在が支持される、というのはSHOWROOMの前田さんが以前から言っていることに通じていて、彼は身近↔偶像、ファンが少ない↔多いという2つの軸で説明しています。身近というのが一昔前ならいつでも会えるアイドルのAKBだったわけですが、ネットが主になると結局は更新頻度に比例する、とのことで結局ファンの日常にどれだけ食い込むか、どれだけ「応援したい」と思わせるか、というのが重要ということ
一方で、clubhouseに対して、「素の会話が良い」という面と、「整理されないものをダラダラ聞くのは辛い」という両方の感想があるように、作り込まれたコンテンツに対するニーズは根強くあるとは思うので、一旦は日常ダダ漏れに振れた後に揺り戻しがあるのか、両立に進化するのかは注目してます
・クリエイターこそ次世代ブランド
・サービス企業の競合はクリエイター個人

クリエイターエコノミーの時代において、個人も企業も「クリエイター」として、プロダクト作りの前にオーディエンス作りを意識する必要がある、というのは面白い視点でした。

日本のYouTuberの目的やビジネスの展開の仕方とはまた全然違って、非常に勉強になりました。恐るべし、Z世代ですね。オーセンティックな自分をさらけ出すことに抵抗が全くない世代、そして、それこそがオーディエンス受けする一番の理由なのだと思います。
リアルがウケるZ世代。

クリエイターでもあり商売人でもある。
どちらかに振り切るのでなく、どちらもよいバランスの人がうまくいっている印象。

近づけないモデルより、等身大で少し手の届きそうなクリエイターに、魅力を感じます。

まだまだ個の力が強まります。
企業におけるマーケティングアプローチが、さらに加速化をして画期的に変わってきますね。

数日前、Z世代の消費者リサーチに同行しましたが、「ありのまま」や「ヴィーガン」にこだわったりする点も、日本のZ世代にもある要素だと再認識したところです。

Z世代にリーチするには、よりリアルさ、オーセンティックであることを求めらますね。
Authentic(ありのまま)とかLiving in the Moment(この瞬間を生きる)とか、コンセプト自体はそこまで斬新なわけではないのに、なぜミレニアル世代とZ世代での違いを感じるのだろう。

社会とか集団って、ある価値観が一定の閾値を超えると、急激に広がりだすところがある。Z世代では、上記のような価値観を心底信じるユーザーが一定の閾値を超えているがために、そうしたコンセプトにもとづいたサービスやブランドやコンテンツが圧倒的に広がっているんじゃないかと思いました。

日本でいうと、2025年にミレニアル世代が社会の過半数を超えるタイミングで、ダイバーシティとかサステナビリティに関する社会のとらえ方が変局点を迎えるんじゃないか、というような説がありますが、Z世代が一定の割合を超えると、社会全体としたまた違うムーブメントにつながっていきそうですね。