新着Pick
273Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
相変わらずのヨーロッパの先走り。割と何でもそんな感じだよね。
残念なのは、日本国内に「ヨーロッパが中止したんだから日本も」というヨーロッパ信者が多いこと。
人気 Picker
健康被害の可能性を最小限に抑えるために、あらかじめ決められたルールがあり、その手順に基づいた対応によるものです。医薬品の使用との関連性が明確に否定できない有害事象が見られた場合、どの医薬品の場合においても通常取られる対応であり、現時点では、「まずは報告にそういったものがあった」ことだけが、正確なところです。(航空機事故があった場合、まずは同型機の運航を止めることに近い概念)

今後、因果関係を専門家が判断し、結論が出されることになります。暫定的には、「モニタリングを続けるだけのケース」、「いったん接種(流通)を中止させるケース」など、各国で判断が分かれると思います。いったん中止させたとしても、精査の結果、科学的な判断で問題が見いだされなければ、その後の接種(流通)には影響はありません。

暫定的な対応の判断基準については、「安全性の懸念が使用した場合の有益性の判断を上回るか」、「他に代替するものがあるか」などが影響を及ぼすと思われます。

ワクチンの場合は、感染蔓延国であるか否か(公衆衛生上の緊急性)、他に認可されているワクチンがあるか否か、他のワクチンの確保に問題があるなどの事情などを含めて、各国がそれぞれの状況に応じて、暫定的な対応の判断をするはずです。中断の措置を出した国は、審査している間にも起こる可能性を重視し、そうでない国はワクチン接種の継続のメリットを重視しているものです。

日本も世界各国と同様で、医薬品の使用による副作用、感染症又は不具合の発生について、保健衛生上の危害の発生又は拡大を防止する観点から報告の必要があると判断した情報(症例)については、「因果関係が必ずしも明確でない場合であっても報告するよう」に求められています。(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第68条の10第2項)「否定できなければすべて報告して、専門家の分析に回す」というルールがあります。

欧州での精査に時間がかかれば、「いったん接種(流通)を中止させるケース」においては接種計画に影響が出ます。また、審査途中にある医薬品が他国において副作用の疑いが調査されている場合、その審査結果を待って判断が下されることが一般的です。現在、日本では、アストラゼネカ社製のワクチンの緊急使用が申請されていますので、判断時期は、欧州で精査の後になると思われます。
「予防的措置」として中止されたわけですが、その大きなマイナス面も見逃せません。その間、新型コロナウイルス感染症への対策が大きな遅れをとってしまうことになります。

これは、予防的措置として中止をしている時間の影響だけではありません。再開後のワクチンの受容率に対する負の影響も合わせての懸念です。

現在、ご存知のように、アストラゼネカのウイルスベクターワクチンだけでなく、mRNAワクチンやタンパクサブユニットワクチンと呼ばれる別のワクチンも普及中および開発中ですが、このような複数のオプションを持っておくことが、こういった予防措置をとらなければならない時に備えた対策となります。

ただ、現時点での供給量の限界から、多くの国がそのような策を取れるわけではない状況です。

ヨーロッパ諸国では変異ウイルスを背景とした「第三波」が経験されているところもあることから、再開ないし他のワクチンの採用など、その判断は急ぎたいところです。
ドイツのヘッドラインニュースです。
現在ドイツでは、再び感染者が増加
しつつあり、第三波も心配されています。
アストラゼネカワクチン全体の使用を中断するのは、デンマーク、アイスランド、ノルウェー、ブルガリア、アイルランド、オランダ、ドイツ、イタリア、スペインで、特定のロットナンバーのワクチンの使用を止めるのはオーストリア、ルーマニア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグである。
「予防措置」とはいえ欧州の大国の動きは他地域に少なからず影響がありそう。アフリカにはCOVAXを通してアストラゼネカのワクチンしか入手できない国もあり、WHOは現状で接種の継続を求めています。今後のEUの規制当局の判断に注目
ドイツ、フランス、イタリアがアストラゼネカ社の新型コロナウイルスワクチン使用の一時停止を発表。すでに、デンマークとノルウェー、アイスランド、ブルガリア、アイルランド、オランダが中止を発表している。また、スペインも中止を決定したとの報道もあります。
日本でもこのワクチンの使用が想定されており、確保予定の数字の中にはアストラゼネカの数が入っていると報道されています。

スペイン、アストラ製使用を2週間停止(共同通信)
https://newspicks.com/news/5688990
アストラゼネカのワクチンは第一三共が国内製造の予定だけど影響は避けられないだろう。こうなってくると益々ファイザー/モデルナのmRNAベースワクチンの確保で、日本が出遅れたことのダメージが大きくなってくる
ドイツとフランス、イタリアがアストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの使用を一時停止としているようです。予防的な措置とのこと
ワクチン接種する一部の方にとっては、血栓や脳出血のリスクは絶対に避けたいという人もいるだろう。しかし、生活習慣が良く若い人は確率が低いだろうから、自己責任で接種できたらよいのにと思う。
アストラゼネカ、新型コロナワクチンを日本に輸入開始
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ11CC60R10C21A3000000/

「アストラゼネカは日本政府と1億2000万回分(6000万人分)のワクチンを供給する契約を結んでいる。」

業績