新着Pick
101Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
マリッジブルーならぬ“内定ブルー”。たしかにあるかもしれませんね。

オンライン採用による信頼関係構築が十分でないことも起因していると思いますが、オンラインであろうと対面であろうと、「本当にこの会社でいいのか」と考える人は一定数いるはずです。

大事なことは、その違和感をそのままにしないこと。
違和感を払拭できないまま入社しても「やっぱり違った」となることが多いです。

企業側も学生さんのアラートを見逃さず、一人ひとりに向き合って解決していく必要があると思います。
人気 Picker
新卒学生さんの就活、本格化していますが、オンライン採用によって、あまり手触り感ないまま内定が決まってしまい、そのままずるずる行き、最後まで会社とエンゲージメントというか、心理的な信頼感が築けないまま、「本当にここでよかったのか」と不安になる方が増えていそうです。

もちろん「ここがよかったのか」という問いには完全な答えなどなく、要は気持ちの問題なわけですが、ある意味きちんとコミュニケーションを十分に取れば解決できて「自分が選んだことを良くする」努力に気が向くわけなので、採用担当者の皆様の頑張りどころだと思います。
今年に限った話では無いと思います。

面接数回で内定。

私が就活の際にはしっかりと対策を積んで、形式的な面接を受ける。
半分定期試験のような感覚でした。

内定の電話を頂いても、様々な企業とやりとりしているうちに慣れてしまい、あまり実感が湧かなかった記憶があります。