新着Pick

中国、初の原子力空母を検討か…香港紙報道

読売新聞
【北京=比嘉清太】香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)は13日、中国軍に近い複数の関係者の話として、中国が建造を進める4隻目の空母について、原子力を動力とする案が浮上していると報じた。実現すれば中国で初
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上海江南造船所で建設中と言われる中国の空母003型と004型はスキージャンプ型甲板ではなく、平甲板に電磁カタパルトを装備し、排水量8万5000トン、艦載機50機以上を搭載する正規空母だと見られています。
又早期警戒機KJ600を搭載することが可能になったことで、アメリカの空母機動部隊に匹敵する艦隊運用が可能になり、戦力的には飛躍的な向上が見込まれています。

003型は間もなく進水すると見られていますが、004形は資金的、技術的問題から建設がストップしていると伝えてられていました。
003の量産同型艦という説と、004こそが原子力量産型空母の一号艦であるという説があり、そんなわけで004については原子力推進機関の搭載の噂が何度も出ては消えています。

中国は中期的に6隻の空母からなる大機動艦隊の運用を目指していますが、既に進水している遼寧、山東がスキージャンプ甲板の軽空母、003、004が通常甲板の正規空母で、005、006がアメリカ並みの大型原子力空母になるのではないかと思います。
中国の最大の弱点は遠方投入能力なので、パワープロジェクションを高めていくというのは自然な流れだろう。しかし、そうなるとアメリカはより対中警戒を強めることになるが、そんなことはお構いなし、というメッセージ。
中国が建造を進める4隻目の空母が原子力を動力とする可能性があるとの記事。米海軍力を追い越す海軍力の保有をめざす中国の次の目標は、原子力空母保有であってもおかしくない。
香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポスが「中国軍に近い複数の関係者の話として、中国が建造を進める4隻目の空母について、原子力を動力とする案が浮上している」との報道
株式会社動力(どうりょく、DORYOKU Co., Ltd.)は、太陽光発電システム等を中心とした住宅用設備の施工を行う会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.59 億円

業績