新着Pick
322Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
セルフブランディング,という考え方がある。 自分をどう思って欲しいのかを考え,自分をブランディングする。
どう思って欲しいか と どう思われているのかの乖離を理解することが第一歩。
まずは、語っている自分をビデオで自撮りすることが、1番の気づきや伸びしろが見えるのでは?

自覚がない顔の表情やクセも気づけます。駆け出しのころ自撮りをして、伸びしろの多さに驚愕したことがあります。ロジカルに説明出来ているかも客観的に分析ができ、補う点が見えてきます。

さらにもっと効果的なのは、その動画を他者に見てもらいアドバイスをもらう。正直に的確なフィードバックをくれる相手に見せると、効果的面ですよね。
「関係がない経験は省く」は、見落とされがちですが大事なポイントですね。

「あなたに対して他者に持ってもらいたい認識と関係のない過去のキャリアについて多くの経験を語っても効果はない。関係がないことを話せばメッセージは不透明になり、対象のオーディエンスは混乱するか離れてしまうだろう。自分がしてきたことではなくこれからやりたいことを主張するには、プロフィールを積極的に削ることにも取り組むこと。」

確かに、ストーリーを盛りだくさんにし過ぎるのは逆効果です。盛り込み過ぎた結果、一番伝えたいメッセージがぼやけてしまったら、聞き手の中には何も残りません。

一度全部棚卸ししてみて、伝えたい相手に届けたいストーリーの芯を決めた上で、肉付けに必要なエピソードか否かを判断したら良いと思います。
研修の講師をしている中で、自分がエミネンスがいかにあると思っているか、また特段デジタルエミネンスがいかにあるか、を問うと、大抵の人がない方に答えます。
海外ですとこの傾向は違うようですが、日本は多少あったとしても、まずないと思っている方が多いようです。この認識から、変えていかねばではありますが、エミネンスをつけることは自身の強みを再認識できる良いトレーニングにもなると思います。
キャリアストーリーを語るには、自身の経験としても、フィードバックを得ることで整理されることがよくあります。
自身を1分で語れるか、ビデオをとる練習をすると、まず1分におさまらないので、自身のキャリアストーリーの中でのポイントを整理するところからはじまります。だらだらと長く話すことはできても、要点ポイントに分けて自身のストーリーのどこが大事だったのかを、第三者に聞いてもらい、フィードバックを得ることでまた書き直すことができます。
人にこういう経験をされたのですね、そこは大事な経験ですねと言い直してもらうと、気づかなかったポイントを言葉で表現され、そこが聞かれるポイントで実は大事なのかと新たな学びを得ます。繰り返し繰り返し自分の強みを見出せると、また他者に対してもあなたの強みってこれなんですねと、フィードバックしやすくもなります。キャリアヒストリーはとまらないので、どんどん強みを書き出しアップデートしていきたいですね。
私自身高校卒業まで日本で生まれ育ちました。その後渡米し現在に至ります。

このキャリアストーリーに関して、日本人とアメリカ人の違いははっきりとしています。日本人は保守的で控えめ。反面アメリカ人は積極的に自身含め発言をすることで教育されています。これは文化、政治、スポーツなどにも顕著に現れているかと思います。
私は18歳の時に自分の企画書を作りました。

確か「マーケティング×データ×プレゼンで生きる」

みたいな趣旨だったと記憶してます。

プロフィールの通り色々な紆余曲折は経てきましたが、
その結果として、現在の自分があり、
これからの自分があると思ってます。

当たり前ですが、自分がこうありたいと言う姿は
できる限り早い段階で描いた方が良いです。
そして、その姿を環境に合わせて磨いた方が良いです。

初めて会う人へのプレゼンの時に
1分くらいをメドに自分のキャリアが話せて、
そのキャリアが今から話をする仕事の話と
ズレてなければ大体仕事は上手くいくかなと考えてます。
基本的にはビジネスのプレゼンを考えるのと同じような印象を持ちました。自分をプレゼンするにはどうすればいいのか?を第三者的に考えることがいいのだろうか。
総合職一括採用で会社の意向でキャリアをコントロールされる人は、なかなか一貫性のあるストーリーを作れないと思う。自分の中朝的なブランディングのためには、そもそも自分の意思でキャリアを選んでいく(総合職でも希望部署で働けるように全力でアピール、根回しも必要)というスタンスが非常に重要だと思う。
「役職や役割を超えて考え、他者が点を楽につなげられるようにしよう。」

明確なキャリアゴールを早くから設定し、そこに向けて逆算しながら職歴をしっかり積み上げる人もいるでしょうが、私のようにアチコチ関心が移ろったり、その時のライフステージによって当初のキャリアプランから外れた仕事を選択する場合もあるでしょう。

誰に向って話すかによって、刺さるキーワードやサイドストーリーを自分なりに予めいくつか決めておくことで、同じ職歴という事実を多面的に語ることはできると思います。聞いていて、もっとその人のことを知りたくなる、一緒に仕事したいと思ってもらえることを念頭に話すといいのかと。

どんなにピカピカのキャリアでも、結局人柄のイメージに上書きされる部分も大きいですよね。
日本の労働文化に起因します。
終身雇用は減点法に考え方をシフトさせるため、下手に自分の仕事の事を外部に語らないというインセンティブが働きます。
これについて、依るところが大きいのは個人の資質ではないのです。