新着Pick
510Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
数字をみても1-2月は中国の輸出が60%も増加しているので輸送キャパがついてきていない状況。貿易の拡大は経済の回復にもつながり輸出ドリブンな新興国は外貨の獲得にもつながる。
問題はワクチンの普及などによりこのモノの動きのトレンドが変わると船やコンテナが不要になるので逆のことが起きると予想され、踏み込んだ輸送キャパの拡大もできないことでしょう。

https://this.kiji.is/741180082735742976?c=113147194022725109
コンテナはグローバル経済を成り立たせているイノベーション。規格化されることによって海上輸送だけでなくその前後の陸上輸送から積み下ろしまで全部が効率化された(興味がある方は、是非①のコンテナ物語という本を)。
そして、コンテナ船は「定期船」と呼ばれて、スケジュールがある。物量が増えることで、頻度と規模が大きくなって、世界最大級のコンテナ船は一気に2万個以上のコンテナを運べる(②)。そしてそれを前提にグローバル経済、グローバル分業は成立して、これまで進化してきた。
ただ効率的なサプライチェーンは、震災時などもそうだったがそこがどこか崩れると一気に玉突きが起こる。そして玉突きが起こると、不安が生じ、過度な発注・確保なども起こりがち。
昨年10月くらいにはコンテナ価格自体の報道が出始め(③)、コンテナ船の運賃も高騰(④)。⑤は年初の記事だが、最初に米国向け、その後欧州向けの価格が時間差で上がっているのが興味深い。米国向けが高騰しているのは6月くらいから。
長期文脈では、⑥でKenjiさんがコメントされている「ESGのせいでの意図しないインフレ」という可能性も気になっている。20-30年使う船舶はその代表例だし、様々なエネルギー関連設備・消費産業は、需要がありながら供給増のための投資が絞られる可能性(価格が上がるから事業としてはどうにかなるし)。

https://amzn.to/3llwlk7
https://www.logi-today.com/283109
https://newspicks.com/news/5330996
https://newspicks.com/news/5399761
https://newspicks.com/news/5523917
https://newspicks.com/news/5669276
個人的にずっと気になっている海運業界について書かれた記事。年始の電力不足につながった燃料不足でもLNG船不足と言われていましたし、物流の根幹をなしているのになかなか記事で見ることができないのでありがたい。

下記記事もぜひ。
【完全解説】複雑な「海運ビジネス」をゼロから理解しよう(NewsPicks編集部、2020年8月20日)
https://newspicks.com/news/5159828
帰れない船乗り40万人 なぜ? 物流支える商船員の交代問題 下船しても苦難の道のり(乗りものニュース、1月30日)
https://newspicks.com/news/5578145
今回の新型コロナによる経済的打撃(コロナショック)が、世界金融危機や世界恐慌と異なるのは、まさにこうした供給停滞ショックがあること。サプライチェーンが人為的に寸断されている。需要が落ち込んでいるのではなく、供給が増やせない面が、物流に現れている。
世界金融危機のアナロジーで需要減退ショックだけを見て、コロナ後はデフレ・低インフレと見ると、見誤る可能性のある要素がコロナショックにはある。
分かりやすいところで言えば北米ではエアロバイクの他に自転車も全く入荷されないものが多い。2ヶ月待ちも当たり前。コロナ禍によって休日にやることやレジャーも減り、家にいてスポーツしか娯楽がない人達がこぞって親子ともども自転車を買うことで空前の自転車ブーム。自転車屋さんも行列が出来ていたりする。
探せば無いことは無いが…人気の自転車は軒並み売り切れ。
これを解決するのではないかと言われているのが「フィジカルインターネット」です。
パリ国立高等鉱物大学教授のエリック・バロー氏などにより提唱され、最も効率的なルートにある車両や倉庫を活用して配送するという考えです。
現在、一般的である自社の倉庫に集めて、自社の車両で配送するハブ・アンド・スポークの真逆ですね。

フィジカルインターネットを実現するための鍵はデータです。
すでにEUでは、実証実験などが行われており、現在の配送システムより負荷なく、時間短縮できることがわかっています。
国内でもヤマトホールディングスをはじめ、オープンロジというスタートアップ企業が取り組もうとしています。

詳しくはこちらの書籍でどうぞ(日本語)
『フィジカルインターネット 企業間の壁崩す物流革命』
著者 バロー・エリック(パリ国立鉱業高等学校教授)、モントルイユ・ブノア(ジョージア工科大学教授)、メラー・ラッセル・D.(アーカンソー大学教授)
翻訳 荒木勉
上智大学名誉教授、東京理科大学経営学部教授。ヤマトグループ総合研究所専務理事
https://www.amazon.co.jp/dp/4296106058/ref=cm_sw_r_tw_dp_Q0X6Y3DX1FFQKV5D60W7

オープンロジについてはこちら
https://initial.inc/articles/openlogi-funding
グローバルのサプライヤーチェーンに依存していた企業は、自国での生産体制に切り替えようとしています。スケジュールが伸びると、キャンセルがふくらむ。季節商品の場合は、大きな損失になってしまいます。
元々業界内では、新型コロナウイルス感染拡大以前からコンテナ流動OD量の問題は指摘されてきた事で、今に始まった問題ではありませんでした。
特に中国発の北米航路は増加しており、それを上回る伸び率で東南アジア発の欧米航路もOD量の不均衡が顕著になっていました。

そこへ新型コロナによるパッセンジャーフライトの減便によるベリーの減少で海運へ貨物が流れ込むとともに、港湾荷役能力の低下で問題に拍車を掛けています。

ですので、コロナが落ち着けば若干は解消されてくるでしょうが、構造的な問題なのですぐに解決出来る問題ではありません。
年内は厳しい状況が続くと見られています。

荷主側にはコンテナ積載効率の向上、混載の利用等の工夫が求められます。
欧州で日本食材の輸入をしている業者と話をしているが、コンテナの確保は今年まだ2回しか出来て居ないと。通常は20ftを使うが40ftしか抑えられないのでと。混載するとかかなりの工夫を要するとのこと。

聞くところによるとコロナ前からも、日本発初欧州行きは香港で降ろされ(中国発欧州行きが優先される)などがあった模様。
コロナが落ち着いても、路線によっては戻らないものもあるのでないかと思う。