新着Pick
831Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
なるほど、トピックはユーザーの利便性を高めるだけではなく広告でセグメンテーションのための有力な一手になってたんですね。
クリエイターやインフルエンサーにフォーカスした時に世界観が結構今後変わってきそうですね、楽しみです
人気 Picker
特集第2回は、ツイッターのビジネス戦略を紐解きます。
同じデジタル広告業界でも、グーグルやフェイスブックに比べて「稼ぐのが下手」なのはなぜなのか。どうやってそれを変えていくつもりなのか。データや経営陣の言葉を元に解説します。
個人的にやはり気になるのは、「広告以外のマネタイズ」をどこまで伸ばせるかです。今後もその行方を追っていきたいと思います。
慎重派のジャック・ドーシーが2023年までに売上を倍増するという計画を打ち出したからには、確信があるからでしょう。大風呂敷を広げる人ではありません。

広告収入だけではむずかしい。買収は最短で売上をアップできる選択肢。すでに水面下で交渉している相手がいるはずです。

ジャック・ドーシーのもうひとつのビジネスであるSquareにはSquare Cashという送金決済のサービスがあります。Twitterでやりたかった送金決済をSquare Cashで実現しているのではないかと思われます。

Squareとこれまで以上に連携するという手もありますね。2つの経済圏を融合すれば、他に類をみないユニークなプラットフォームができあがります。
ジャックが高い棒グラフの豆の木に登るアナロジーに感銘を受けました。

戦略3の方向性は世の中のトレンド的にもツイッターの強み的にも正しそうですが、成否のポイントは「多様なニーズ」を満たす機能を、Twitterという「単一のプロダクト」に詰め込んでいきつつも、「使い易さ」を維持できるか次第でしょうか。

既にニュースレター・ビデオ・ポッドキャスト等の各種プロダクトを買収していますが、Twitterという一つのプロダクトに上手く集約しなければ、強みは発揮できない。ニュースレターで言えば、現時点では、Substack上で配信してTwitter上で宣伝するのが最も効率的なビジネスになっている。SubstackではなくTwitter上で完結する為の明確なメリットが無ければならない。しかも、作り手と受け手の両方にとって。

InstagramやWhatsappはFacebookに組み込まなくても独自で成長するプロダクトでしたが、Twitterが買収しているプロダクトは各領域の1番手ではなく、Twitterを中心にエコシステム全体として成長しなければならない。(ある意味、買い手と売り手の双方にとって、成長の為にシナジーが必須という点で、事業会社の買収としてあるべき姿かもしれません)

既存のフォーマットを好んでいたユーザーの離反リスクも考慮しなければいけないでしょうし、世紀のプロダクト大改革として注目です。
Twitterの最近の動向については、宮武さんのOff Topicが詳しいです。ジャックドーシーの覚醒について、いち早く分析されてました。オススメです^_^

https://open.spotify.com/episode/6f6izZ1dSECEzLbDXDHELn?si=tAtFNQR2QB6VrQEkIXAGUg
興味深い変化です。
私としては、「遅かった」ツイッターが、どんなきっかけでスピードアップしたのか、どうやってそれを成し遂げてきたのか、今までどうして遅かったのか、などが気になります。実際企業を変革しようとすると、単にトップの一存だけではなんともならないところがありますから、どんな変化が組織として起きているのかなと思うのです。
ジャックドーシーの覚醒は言い得て妙。最近は神がかってきている。彼はおそらくTwitterとSquareを合併させようとしてる。クリエイターと決済とブロックチェーンの経済圏。自らの世界最初のツイートをNFTでオークションにかけたのもその布石。この組み合わせはすごく強力。色んな可能性に満ち溢れている
フェイスブックはライブハウスで、Twitterは路上ライブのような感覚。路上でかせぐとしたらやはり投げ銭で、それがスーパーフォローなんだろうなと思います。マスメディアに身を置く者としてこれをどう活用するかは悩みどころですが、ますます個人レベルのコミュニティとマネタイズが重要になってくる気がします。
恐らくTwitterがパフォーマンス広告を強化するためにはもっとビジネスに貢献しなければならない。Googleの広告効果が高いのは需要が発生する瞬間と近いからです。そこに広告プロダクトをくっつけた。Twitterのユーザーがモノを買おうと思っている瞬間はたくさんあるはず。その瞬間に近いところに広告プロダクトを「くっつける」感覚が必要。
ユーザーの経済的トランズアクションをTwitter上に持ち込むことへの疑問、特に日本市場に関する疑問はこの特集の#1にコメントした通りで、ユーザーがそれを好感しない可能性は十分にある。

GoogleやFBと比較してTwitterの広告収益弱さが指摘され、それがターゲティング精度の弱さに起因していると説明されている。しかし、そもそもユーザーがTwitterを使うときにマーケティングファネルの下部のメンタルモードにないのだからGoogleの検索広告と同列で比較するは酷というものだ。

僕はTwitterの存在感はそのユーザー数よりも遥かに大きいと感じる。日本以外の市場で、その存在感に相応しいユーザー数の増加はTwitterの悲願。マネタイズ方法の多角化よりは、そちらを優先させるのが良いと思う。しかし、その努力をしたが思うような結果がでないが故の今の動きなのか? かつての同僚に聞いてみたいところだ。
ツィッターが進化しフォーマットの多様化に取り組んでいる。シンプルな機能が売りだった故にユーザーがフォーマットの変化にどう反応するか、インターフェイスをどこまで改良できるかが群雄割拠のソーシャルネット界隈での勝負の分かれ目になる。
この連載について
ツイッター創業者兼CEOのジャック・ドーシーが「覚醒」している。決済会社スクエアと二足のわらじを履き、経営手腕に疑問の声も上がっていたドーシーだが、この半年で矢継ぎ早に改革案を打ち出した。その先にどんな世界を描いているのか。ドーシーの頭の中に迫る。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
4.75 兆円

業績