新着Pick
174Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
半導体は微細化が進み、ロジックに関してはそう簡単に作れるものではなくなった。TSMCやIntel、三星が製造プロセスの戦いを繰り広げている一方で、Qualcommなどの半導体メーカーはあくまで設計に集中し、ライセンスなどで稼ぐため、製造はファウンドリに頼ることになる。
微細化が進むに従い作れるメーカーが減り限られたファウンドリしか最先端の半導体が作れない一方で、古い世代で作られている車載向けやドライバICもキャパシティが不足して十分な数が作れない。
そして、車載で起きた需要の乱高下や旭化成の火災やルネサスの地震やテキサスの停電によるサプライチェーンの混乱。
普通の部品なら複数のサプライヤーがいる一方で、半導体はむしろ替えが利かないキーデバイスになっていっている。TSMCや三星がダメならまるで作れないものが数多くある。
こうした時こそ、サプライチェーンマネジメントが試されると思うが、2021年は正常化していく世界と裏腹になかなか正常化しない混乱が今後も続くのかもしれない。

三星が止まればTSMCに負荷がかかる、という話にもなるし、そもそも製造拠点変更などを気軽に出来ないものもある。三星半導体オースティンの停止はスマホ市場にかなり大きな影響を与える見込みになってきた。
半導体不足が拡大。



中国の掃除機メーカー、ロボロックの創業者、サイモン・ワン氏は、半導体サプライヤーから注文の際の預託金の引き上げを求められ、在庫を確保するため応じた。「誰もが正気を失ったように注文を出している。実際には使い切れないのに」と話す。
チップもそうであるが無数の電子部品からなるITデバイスは、コロナ禍の影響もあり供給が追いついていない。特にiPadが顕著。

---
クアルコムの新旗艦モデル「スナップドラゴン888」の供給が不足していると述べたが、それがサムスンの上位機種の生産に影響しているかどうかは明らかにしなかった。
本当に半導体の代替を考えられた企業は大成功しそう
クアルコム (英語: Qualcomm, Inc.、ナスダック: QCOM) は、アメリカの移動体通信の通信技術および半導体の設計開発を行う企業。 ウィキペディア
時価総額
16.3 兆円

業績