新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この件、ずっと気になっていました。
どうして、そんなことが言えるのか? その上司も、昔上司に言われてきたから? あるいは教師に?

まずは、労災認められて、ほっとしています。
ググればすぐわかることですが、三菱電機は、これ以外にも社員の自殺が多く、同じ上司ではないところを見ると、もはや会社の体質になっているのでしょう。

いや、なっていた、のであることを祈りつつも、おそらくはこれは、三菱電機に限らず、氷山の一角であり、本件が、日本の会社の在り方を変えるきっかけとなることを期待します。

そして、それは、子供のいじめによる自殺の低下が見えたときに初めて、認められるように思います。子供社会はまさに大人社会の鏡なので。
この記事の件は、2019年に明らかになっていたもので、教育主任が新入社員に対して行った発言は、「自殺教唆容疑」で刑事事件として立件されましたが、2020年3月に嫌疑不十分で「不起訴」が決定しています。

労働災害として認めるか否かは、判断する機関が異なるので、時期がずれての決定になりました。労災は業務上従業員が被ったケガや疾病などの災害に対して補償する制度ですので、この事案は、「認められて当然」だと思います。

会社と個人は、労働契約に基づく範囲での関係であるはずで、会社の付属物のように従業員を扱うことが許されないことは、明らかです。
この問題は単に「パワハラ発言をした人」の問題ではないことを肝に銘じたい。 
このような行動をとる人に対して,周りの人が 注意ができなかったのか? 
上司や社内通報制度などに相談できなかったのか?  
一対一の問題ではなく 組織文化の問題であり 改革へのコミットメントと行動が再発防止となるだろう。
記事だけを読むと、もはやパワハラの域を超えており「自殺教唆」にも該当しそうな印象を受けます。

つくづく、三菱電機は社内にたくさんの膿が溜まっているような気がします。
例えば、この教育主任が携わる指導を受けた社員たちは、適切な教育は受けてこなかったと考えられますよね。ここまでひどくなくとも、根底の価値観がずれちゃってる人もいるんじゃないでしょうか。再教育とかはしないんですかね。

重く受け止めて真摯に対応するのは結構ですが、どう考えて何をするんでしょう。
具体的な対応と成果を可能な限り公表することが、同様の社会問題解決や何より三菱電機の体質改善に資すると考えます。

こういうニュースに触れるたびに、効果的な対応がなされないままそのうち熱りが冷めて、似たような、防げたかもしれない事案が発生することが多いように感じます。
この発言が、社風が起因するものであれば、恐ろしいです。
→この発言に関しては、発言者の歪な思考が理由な方がまだまし

つまり、窓から飛び降りろ!に近いことを言われたことがある社員が他にもたくさんいる可能性が高いということですよね。
組織的な自殺教唆になり得るという真のブラック企業です。
なぜ、こんなことを言う人を「教育主任」にしていたのか? 
これが初めてではなく社内ではみんなが知っていたのではないでしょうか? 
そこに声をあげられない環境があり、当たり前になっていたのだと思います。
大企業であることも含め、このようなことが放置されていたことは三菱電機の怠慢であり、理念にある「人格・人権を尊重する」をどう説明するのでしょうか?
パワハラだけでなく、自殺教唆の疑いをかけられるべき事案だと思います。
昔流行った(?)洗脳自己啓発セミナーの様相ですね

皆さん仰る通り、パワハラなんて言葉で片付ける話ではないでしょう
ここまでいくとパワハラが常態化していたんだろうなあと拝察します。これが認められる風土、、、時代に適していないと思うのでこういうところから腐敗が進み企業としても衰退しているんだろうなあと感じます。

---
教育主任だった上司から「飛び降りるのにいい窓あるで。死んどいたほうがいいんちゃう」などと言われたと、パワハラ被害について記したメモを残して自殺しました。
三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: MITSUBISHI ELECTRIC Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。同社は、1921年(大正10年)1月15日に三菱造船電機製作所(神戸)より分離独立する形で設立された。 ウィキペディア
時価総額
3.20 兆円

業績