新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
資格を取って独立してもそこには実績豊富な競合がわんさかといます。
知名度ゼロ、実績ゼロで競合に勝って仕事を得るには、競合にはない「何か」が必要になります。
たとえその何かがあるとしても、その何かに価値があるということを伝える力が必要です。

独立には大きなリスクが伴います。

リスクをとってでも成功を掴みとる強い意志と武器となるスキルがあるなら頑張ってもらいたいですが、
「転職も出世も難しいから独立しよう」くらいの気持ちなら現職で頑張った方が良いと思います。

独立は逃げるためにするのではなく、何かを成すためにするものではないでしょうか。
人気 Picker
うーん。
そんなに世の中簡単にはいかないと思いますね。。
資格取ればOKではなく、そこからスタートですよね。

あとこういう文章での「おじさん」という
表現がどうも好きではないですね。
この記事を読んで社労士勉強して受かり、そして顧問契約を獲得してさらに他社にも紹介してもらえるような人。

そういう人は普通に出世してると思う。
社会保険労務士という1つの選択。

これがあれば大丈夫という正解はありません。社労士の資格取得は、手段の1つですね。

魅力を感じる人は、チャレンジすればいい。そうじゃない人には、他の選択肢もあります。

いまの自分にとどまらないで、いろんな可能性を考える。人生をあきらめた、残念な人にならないようにしましょう。
地味でも稼げる資格と言っていますが、資格だけで食べられる時代ではありません。資格をとって独立することは起業に等しいので、転職以上に高いハードルです。
記事にも書かれている仕事は、日頃の営業活動や信頼の積み重ねが重要なので、そう簡単にできることではありません。
安易な発想で時間をかけて勉強しても、その時間やお金に見合う成果を得るためには、それ相応努力が必要です。
資格を取得することが目的となってしまっては本末転倒。

自分の達成したい目標や知識の吸収の過程に、ペースメーカーとして資格を利用することは効果的だと思います。

「転職も出世も難しいおじさん」が、ただ資格を取っても、それを活かした成果が出せるとは限りません。
安定収入を手に入れることができる資格というのはいいと思います。だた、ここも競争がないわけではないので、結果的にその人によるところは大きい。
いやこれ、仕事できる人だろ。