新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アメリカでは新型コロナの新規感染者数が減少傾向に。ワクチン接種も1日平均220万回分とペースが加速しています。ファウチ氏は1日あたりの新規感染者数が1万人を下回るまではとまだまだ注意を呼びかけています。
人気 Picker
ワクチン接種の加速の背景には、ロジスティクスの整備も挙げられますが、時間とともに、また新たなデータの追加とともに、ワクチンの副反応への懸念が減り、ワクチンの受容率が向上していることも挙げられます。

一方日本では、副反応について半ば誇大なまでに報道され続けている影響か、インペリアルカレッジなどの調査で、先進国の中で唯一ワクチンの受容率が向上していないことが指摘されています。

一般の方への接種が進み、より身近な人の接種経験を耳にする中で、この数値が改善していくことに期待をしていますが、まだ不確定要素が大きく懸念材料でもあります。
米国より更に広範にワクチン接種が行われている英国では劇的にコロナの状況が改善してきていて、1月後半には1日2,000人近くと日本の20倍もの死者出してた所から、昨日は65人まで減ってきて日本の45人と同水準に。日本でも最速で打っていくしかない
アメリカの人口は2019年約3.3億人です。
日本が1.2億人弱ですから、約3倍。
したがって、感染者数1日当たり1万人は、日本だと3,000人程度になります。
ただし、アメリカは国土が広いので、単純に人口だけで日本と比較出来るものではないので→高齢化度も違いますし、平均寿命は77歳程度と先進国では低いですから、岡村さんがコメントされているように、イギリスと比較する方が肌感覚としては、しっくりくるかと。

イギリスは人口が6,600万人と日本の半分強です。
このイギリスが一時期はまさに医療崩壊だった1日あたり当たり死亡者2,000人から100人をコンスタントに切るようになりました。死亡者数はもうすぐ今の日本程度まで下がりそうです。

これがワクチンの威力だということを、メディアはきちんと報道して欲しいです。

副反応が出ると、メディアは喜ばしいらしく、嬉々として報道しているのは、どういう神経なのかと呆れます。
ワクチン接種の進捗は、各国のデジタル推進度とも関係しているようです。

日経新聞の記事によると
主要国の人口100人当たりの日々の接種状況は
・イスラエルは約1.1人
・米英も0.5人台
・ドイツ、フランス、カナダは0.1人台で、このままでは接種を完了するのに来年後半までかかる見込みとのこと

イスラエルがこんなに進んでいるのは、1回目の接種を予約すると、接種日から21日後に2度目が自動的に予約されたり、リマインダーが届くなどの仕組みも出来上がっていることも一因のようです。

日本では「いつ、誰に、何のワクチンを接種したかのデータ」の整備や、オペレーション周りに手こずっている様子です。

そんな中、PwCコンサルティングは、千葉市との取り組みを通じて作成した「新型コロナワクチン接種・業務計画策定支援ツール」を他の自治体へ無償提供し、ワクチン接種に関する業務計画などへのアドバイス・支援を行っていくこととしました。

合計数時間程度のウェブ会議、およびメールや電話でのやり取りであれば無償で対応するとのこと。

https://www.pwc.com/jp/ja/press-room/covid-19-vaccine-support-tools210308.html

何が出来ている/出来てないと批評、評論するよりも、まず各社で出来ることを、と思います。
世界がどんどん接種を進めるなかでいまだに1種類のワクチンしか承認されず、ワクチン確保の圧倒的な遅れを招いてひと瓶7回打てる注射器を話題にしている我が国の医療体制は、いったいどうなっているんでしょう。欧米の数十分の一しか陽性者も死者もいないのに医療崩壊が叫ばれますし。
感染者数と死亡者数が国によって全く違うにも拘わらず、恐怖心が遍く拡がって経済の落ち込みがどこも同じというのが今回のコロナ禍の特徴です。感染者数も死者数も圧倒的に少ない我が国が、経済の回復過程で一番立ち遅れるなんてことにならなければいいけれど。 (*_*;
新規感染者一万人下回ったら気を緩めていいらしいです。日本の専門家との違いは明らか。ゼロにしたがる専門家なんて、人間性と知識の両方を疑う。