新着Pick
80Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3月末までに紙からデジタルへ通帳移行を進めることで印紙税が減らせる。この思惑から取引集中時期におけるデータ移行処理を行ったのが一因である。以上が記事が指摘するところ。

しかし、問題の本質は取引量に対応する柔軟性の欠如ではないか。処理内容が異なるものの、震災募金処理でのオーバーフローとどうしてもカブってしまう。
「印紙税」ですか (@@。
カネが絡む文書を作ったら課税で分け前を取る、というのはいかにも古臭くて封建領主の悪税みたいに感じていたのだけれど・・・ 紙の文書を廃止させ、デジタル化を後押しするには良いのかな。作った当時はそんなこと想定していなかったでしょうけれど。デジタル文書にも課税するなんて言い出さないで下さいね (^^;
印紙税法上の課税文書の識別は、案外難しい。

預金通帳は、1年に1回、通帳の口座毎に取引がされていると見なす(2重の見なし)ことで、印紙税が課される。

あくまでも、見なしであって、デジタル口座では、課税取引がされていないと判断されている訳ではない。取引の有無は、通帳の有無とは関係がない。単なる、課税上の便宜だろう。

つまり、いずれデジタル取引にも、印紙税が課されることで、この無意味な対策の効果は消滅する。

印紙税逃れのためにシステム変更するのは馬鹿げている。
デジタル化をすれば無税とするという総理のデジタル化方針に従わざるを得ず、税制上は税制中立という総理よりも重要な原則が切り崩されているのは、それだけ財務省が弱体化したということでしょう
「当初の考え方は、印紙税(が理由)だった」とのこと。今回のトラブルによって、その構想も少し時期が延期されることになりそうです。結果的に印紙税の軽減の効果は先延ばしになりそう。
こういうタイミングをマイルストーンにするのは普通の話、叩かれるべき話ではない。今回の問題は単にシステム屋とみずほに能力が無かっただけ。自己否定ですが、いい加減事業会社は自社のIT能力見直した方が良い。
印紙税は確かに気持ちはわかります…

でも、それがこのシステムトラブルになるのは頂けないです。
この記事見出しは、印紙税に悪い印象を与えると思います。印紙税をケチろうとして、結果的に失敗した銀行が悪い。印紙税はペーパーレスに貢献しているので、今の倍額を徴収してもいいような。。。
本末転倒。
節税の気持ちは分かりますが、それで失った信用を考えると割りに合いませんね。