新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「ベッド数が足りなくなる」
「ベッドが不足して医療崩壊が起きる」

そもそも、問題は日本全体の病床数そのものではなく、 コロナ患者を受け入れた医療機関の病床機能や専門医師など(医療資源)について、 場所やタイミングなど「配分」の問題である。

コロナ患者を受け入れた医療機関で必要な医療資源が不足したり、 受け入れていなかった施設の中にコロナ対策に活かされず有効活用されない医療資源もある。

医療資源「配分」の問題。
日本において“病院数過多”による医療資源の「分散」という問題。
今回コロナがその「分散」の問題を「医療逼迫・医療崩壊」という形で炙り出された。

追記
東京都医師会の尾崎治夫会長は2021年に入って初めての記者会見で新型コロナウイルスの感染者の激増で現在は医療体制を構築してもすぐにうまってしまう「いたちごっこ」のような状態だと話されていた。

本当の「いたちごっこ」はこれから。
問題と論点のすり替え、ごまかしは絶対に出来ません。
人気 Picker
都知事は、東京都医師会と、↓の前週比7割をKPIに勝手に設定していたということですか?

「3週間ほど前までは、『新規感染者の7日間平均が1週間前の7割に』という都の目標に近い減少スピードになっていたので

これが広く認知されたKPIだと公約された事実があるならば、きちんと説明して欲しいです。

都知事はどこ見て行政を動いているのでしょうか?
コロナから逃げ回って(時として診療拒否までした)開業医たちの代表が、このような発言をする資格があるのでしょうか?

そもそも、このシミュレーション自体が極端なケースだと思います。
よくもまあ大した根拠もなく、こんな数字出せますね。株価操作は風説の流布で犯罪なのに。この情報操作は犯罪レベルですよ。