新着Pick
52Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
抗議運動への大きな影響が予想されます。(ミャンマー在住です。)

軍の予想を明らかに上回る抵抗=CDM(市民的不服従運動)を市民側は展開してきましたが、その最大の要因の一つはFacebookの存在です。現地メディアがFacebookのLive配信も活用しながら、全土での抗議運動を報道することによって、市民の抗議運動が広がり、団結心が生まれ、抵抗するモチベーションへと繋がっていました。

Facebook上で、ミャンマー語でも発信しているBBCなどの外国メディア、フリーのジャーナリスト、一般市民の発信も大きな原動力となっているため、今回のメディア5社の免許剥奪で、どれくらいの影響があるのか注視したいと思います。

下記は今回免許剥奪された5社のFacebookリンクです。この内3社は私も日常的に情報収集に利用していました。市民側の多くが正統と主張するCRPH(代表会議)は軍政を「テロリスト」と定義しているため、メディア側が従わない可能性も考えられます。

Mizzima:https://www.facebook.com/MizzimaDaily
Myanmar Now:https://www.facebook.com/myanmarnownews
DVB:https://www.facebook.com/DVBTVNews
Khit Thit Media:https://www.facebook.com/khitthitnews
7-Day:(見当たらず)

引き続き、ミャンマーで起こっていることへ関心をお寄せ頂ければと思います。

(追記:3月9日)
少なくとも、Myanmar NowとMizzimaの両機関は、Facebook上でのLive配信などの報道活動を続けています。
軍部が想定していた形とはかなり違う方向で国民の反発を買っていて、当初は自らの権力を維持しながら民主体制を維持するという狙いが、力で封じ込むという方に展開しているような気がする。かなり脇の甘いクーデターのような気がする。
そこまでやるとは、外から見ると完全なる独裁政権。国民の理解も、世界の評価に対しても悪いスパイラル入っているとしか思えない。
ミャンマー人の友達が毎日情報を発信しています。

政治的な争いはどの国でも絶えませんが、血だけは流さない争いであってほしい。

理屈ではありません。

争いが無ければ亡くならなかった命があると思うと残念で仕方ないです。。。