新着Pick

知らないと損「お金リテラシー」鍛える質問6つ

東洋経済オンライン
A. ❹カーシェアここでは、車両を1500cc以下のコンパクトカー、ベーシックグレード、オプションはマット、ETC、最安のナビを前提として比較します。10年間の出費は、所有518万円(※1)、レンタカー664万円(※2…
277Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
正しいお金リテラシーを持った上で、自分の感情とどこで折り合いをつけるか。
金銭的には損でも車を所有することに特別な価値を感じる人もいるでしょうし。

合理的な判断が必ずしも幸福を最大化するとは限らないのが、感情を持った人間の難しいところですね。
人気 Picker
面白い問題ばかりでした。家族でやって見たら面白そう。
最後の問題は今時ですね。
わたしにとっていちいち実行するにはめんどくさい。やりたいとは積極的には思わない事例ばかりでした。きっと刺さるひともいるのでしょうが「やってみたい!」ってほんとに思います?しかしそもそもこの記事で提案されている「お金リテラシー」の「目的」って何なんでしょう?漠然たる老後の不安でしょうか?それぐらいしか思いつかないんですよね。

わたしは老後の心配をする年齢でしてね。内容から判断するにおそらくこの記事がターゲットにしているであろうミレニアル世代なんかよりもよっぽど老後は切実なはずなんです。でもね。わたしは死ぬまで働くことに決めているので「老後」のためのお金にはあまり興味がありません。

ほんとに恥ずかしながら正直に告白するとスーパーマーケットの駐車場で交通整理をするお爺ちゃんなんかを見て若いときは「ええ歳してかっこ悪いなあ」と思ってたんです(←若気の至りの暴言と思って許して)。でもいまは違う。「お爺ちゃんになっても働けるのはいいなあ」「働くってかっこいいなあ」って思うようになったの。きっと自分で起業したことが大きな気持ちの変化へと繋がったんだと思うのです。

ひとは必ず死ぬの。わたしは「あんたもう帰っておいで」とお天道様に呼ばれるまで働くの。その「長さ」はわたしには関係ありません。だからわたしには「老後」はありません。

「お天道様のもとで毎日元気に働けて温かいお風呂にゆっくり入ってぐっすり寝られれば毎日が好日」とちゃいますのん?

こういう記事にあんまり煽られないほうがいい。この年齢になったおじさんはそう思いますけど。「一人扶持は養えないが二人扶持は養える」もしもミレニアル世代の貯金の理由が「老後が心配」というのならばせめて夫婦二人で食えればええやんぐらいに思っていてもいいんじゃないかと思いますけどね。