新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
壊される前に自ら破壊って良いスローガンだなあと思って呼んでました。
人気 Picker
このサービス、日本でも需要があると思います。四季にあわせて衣替えする日本では、とかく収納に場所をとりがちです。すっきりとした空間で暮らしたい人にとっては、レンタルサービスで必要な時に必要な衣類を確保できれば、クローゼットをコンパクトに保つことができますので魅力です。

ラルフローレンは、ビジネスカジュアルとしてのみならず、休日コーデにも使えますし、老若男女問わず幅広い層に支持されていると思います。実際、国内外のアウトレットのどこに行っても、ラルフローレンの店舗は不動の人気を誇っています。しかし、当然のことながらアウトレット店には最新のモデルは並びません。今回のレンタルサービスは、型落ちでなく新しいデザインのものを安価で試してみたいという層にとっては、願ってもないサービスだと思います。

加えて、アメリカの異常とも思える返品文化も導入の背景にあるのかもしれません。「試着」でなく、明らかに「使用済み」であるにも関わらず返品しようとする人は、アメリカでは珍しくありません。そういう消費者にタダ乗りされて頭を悩ませるくらいであれば、「レンタルサービス」できちんと使用料をもらう方が良いでしょうね。
日本ではポロのイメージがありますが個人的にはジャケットやニットが好きです。本当の意味での小売りよりもこういったサブスクの方が今のデマンドに応じているのではないでしょうか。高品質と印象がいいのでプライシングも何とも言えない設定で個人的には興味があります。
年に15万円以上、アパレル購入に使っている人がどれぐらいいるかという議論はあるものの、アメリカであればサプライチェーン上のアパレル廃棄問題などによるSDGsとの関係で良い取組であると評価されやすいこと、日本であれば狭いクローゼットを有効活用できるとされやすいこと、クリーニングコストがかからなくなることから、十分成り立つ可能性はあるように感じます。

アパレルレンタルが軌道に乗ると、既にJフロントが動き出していますが、アパレルに支えられている百貨店やショッピングセンターのビジネスも大きく変わるかもしれません。
ブランドがある企業のサブスクは当たるのでは、と。

業績