新着Pick
75Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グルメ回転寿司の大起水産さんだと卸から始まり「鮮魚流通システム」を徹底して磨き高品質イメージで外食・小売展開も。魚は日々購入するものなので消費者の目もシビアですが、価格と品質の内容が気になりますね。
スシローが京樽の買収でテイクアウトをより拡大する方向に対して、くら寿司は上流の卸売業に参入ですか。これはダメなんじゃないかな。

まずスシローもくら寿司も運転資本がマイナス、つまり仕入れ先である卸から相応の無利子資本を提供されていて、それで店舗投資を間接的にファイナンスしています。一部とは言え、卸に参入するということは自分でその分の運転資本を負担する必要があります。加えて卸の利益率は総じて低いので、その資本負担に対するリターンは小さいと思われます。

逆にスシローは京樽の買収で売上規模が拡大し、魚の調達量も当然増えるので卸に対する交渉力はより強くなります。仕入れ価格だけでなく、引き続き運転資本の調達ルートとして卸を活用できます。京樽はかなりリターンの高い買収になるのではないかと期待しています。
ハマチの養殖を行い、スーパーなどでも販売するのだそう。
こららプレスリリースに詳しく書かれています。「オーガニックはまち」というそうで、くら寿司らしく、「原料の加工から飼料製造までの過程において、化学合成された飼料添加物及び薬剤の使用を禁止」など原料にこだわっているようです。
プレスリリース
https://www.kurasushi.co.jp/author/002375.html
くら寿司の人気メニューにもなりそうですね!
鮮魚の供給までのチェーンを統合化するのは効率的。他の飲食業態でも増える気がします。
株式会社くらコーポレーション(英語: KURA Corporation)は、大阪府堺市中区に本社を置く外食産業企業。 ウィキペディア
時価総額
1,716 億円

業績