新着Pick
97Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
スタートアップがピッチ大会で勝つと成功率は高くなるでしょうか? ということを調べるために、2011年までさかのぼり、過去10年の主要な国内スタートアップイベントに登壇した約400社のその後を調べてみました!

上場やM&Aの実例とともに分析結果を記事にまとめました。

半ば予想通りかもしれませんが、「ピッチ大会で上位入賞していないスタートアップが数多く上場している」というのが1つの発見です。
人気 Picker
ピッチ大会で優勝したスタートアップは成功しているのか?

WACULは2015年の「AIアナリスト」リリース後すぐにIVS 2015 SpringのLaunchPadに出場し、5位にも入れませんでした。ちなみに同じ回にウェルスナビも出場し、同じく5位にも入っていません。また、現時点では参加企業のうち上場を果たしたのは私達2社のみで、5位以上の企業で上場した企業はまだありません。
https://thebridge.jp/2015/06/ivs-launch-pad-2015-spring

初期のスタートアップのこうした評価は「発想・着眼点の鋭さ」「事業が分かりやすさ」「審査員との関係性」などが影響しやすいのでは?と思います。一方、技術的な難易度が高そうだとかテクノロジーの差異やオペレーションエクセレンスなどピッチでわかりにくい部分での勝負になりそうだとか、そういう分野のスタートアップには不利に働きそうです。

そうした傾向なんかが分析され明らかにされると、より面白い調査になりそうです。
面白いテーマですね。少なくともアメリカではピッチ大会の重要性は下がっていると感じます。ビジネスがどんどん複雑化し、数分間のプレゼンで事業の可能性を正確に把握することはどんどん難しくなっています。極端な例ですが、パランティアのビジネスを5分でプレゼンするのは無理でしょう。

もちろんYコンビネーターなどに出る有力スタートアップもあることはありますが、Yコンビネーターに参加したというスタンプが欲しいだけで、デモデイでマス向けにPRすることは二の次です。

ビジネスの魅力や価値を明確に伝えられることは重要なことだと思いますが、よいピッチをすることが目的化しないことが重要です。日本でもスタートアップビジネスがどんどん成熟し、「ピッチを見ただけでは何やってるかよくわかんない」というスタートアップがどんどん出てきて欲しいです。
全く市場環境も異なり
エグゼキューション能力も表現しづらい中での
美人投票で決まるピッチ大会はVC内での評価を上げるのには寄与するものの
その後の事業成長はあまり無関係だというのは肌感覚と一緒です

ただ、参加者の1人として思う事は、こういうピッチ大会の機会自体は本当にありがたくて
ここでの結果ではなく知ってもらうための場として懸命だったのを思い出しました

自分達の事業の存在を知ってもらうために徹夜で練習し続けて
入賞も何も出来なくてめちゃくちゃ悔しいなと思った事も申し添えておきます

これから挑戦していく起業家の皆様には、我々は審査員ではなくマーケットによって
評価される存在なので、結果は気にせず顧客と向き合い続ける事
それでも世の中に存在を知ってもらうために是非登壇してチャレンジしていく事
を強くオススメしたいと思います
良い記事ですね。BitStarもファイナリストまで残りましたが無冠です笑 ただ、この調査結果を見ると何位だろうが上場確率は変わらないみたいですね。
全体的には肌感覚と同じですが、この考察は面白いです。つまり、透明性の高い経営をしていて潔い事はパフォーマンスに好影響ということでしょうか。なんとなく納得感ありますね
"対外的に明確にサービスの終了を宣言しているスタートアップ企業の成功率が高いように見える"
弊社はスタートアップの1社と言えるものの、ピッチ大会やFinTech系イベントは苦手で、いつも遠くから華やかな様子を眺めているばかりです。
ただ、サービス・プロダクトに加え、解決したい課題や世界観、事業モデル等も対外的なプレゼンテーションの過程で磨きあげられることにより、事業の成功確率も自ずと高まるような気がします。
言われてみれば、なかなか、こういった視点の分析はありませんでしたね。
興味深い視点の記事です。

確かに、ピッチはピッチ、それ以上のものでも、それ以下のものでもないので、スタートアップの成功には、あまり関係ないと思います。

それがデータとして示されているので、説得力があります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません