新着Pick
83Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ヨーロッパのかなりの国々がイスラム教に寛容な政策を取り続けてきた結果、中東イスラム諸国よりもイスラム過激派が力をつけてきたという反省を踏まえての決定でしょう。西欧のもつ近代的人権、自由といった価値観とイスラム教は決定的に相容れない要素があるので、仕方ないと思います。
 また、話題が逸れますが、イスラム教では同性愛がばれると最悪の場合殺される可能性があります。ローマ教皇の最近の発言に対するコメントとブルカ禁止に対するコメントを見比べるのは興味深いものがあります。
人気 Picker
イスラームを信じる女性がかぶる布にはいくつか種類があって、国によって呼び方が違ったりします。
1.髪の毛を隠す布
アラビア語でヒジャーブといいますが、いわゆる髪の毛を覆うスカーフです。巻き方などはいろいろスタイルがあります。
2. 髪だけではなく体全体を覆う布
イラン革命で有名になったチャドルというものですが、半円の大きな布をかぶって頭から足まで覆います。顔は出ています。
3.目だけしか出さない衣装
アラビア語でニカーブといいます。「ブルカ」というのは、アフガニスタンのもので、顔も含めて前進が覆われます。ブルカというのはターリバーンなどでアフガニスタンがニュースになる前は、世界的にはほとんど知られていない言葉でした。ニカーブは、サウディアラビアをはじめ、世界各地で見られます。

今回スイスの国民投票で禁止されることになったのは、3.のニカーブやブルカといった、全身を覆う女性の衣装です。1.や2.のような、顔を出している衣装は禁止されません。
 ニカーブやブルカのような顔も含めて全身を覆う衣装が禁止されている国は、スイスの他にオランダ、デンマーク、フランス、ベルギー、オーストリア、ブルガリアがあります。中国でも禁止されています。
スイスは国民投票でイスラム教の宗教施設に立つ尖塔(ミナレット)を禁止したりもしていたので、こうした反イスラム的な議題は可決するのは驚きではないが、みんながマスクをして顔を隠す中で、顔を隠すブルカはダメというのは…。
なぜ強制的に禁止なのか?
選択できるようにすれば良いのではなくて?
日本の夫婦別姓選択制と同じ疑問を感じます。
【国際】ブルカの問題って難しいよな…。同じようにブルカを着用していても、それが自発的な信仰に基づくものなのか、宗教的な権威や権力によって強制されたものなのかによって評価が変化するはず。今回の場合、権力の手によって前者の自発的な信仰に基づいてブルカを着用していることまで規制してしまうわけであるから、個人の「信仰の自由」を脅かすものになってしまうように思う。
経緯についてはこちらの記事に詳しい。
https://newspicks.com/news/5670052/

テロや暴動対策のため(宗教的理由の有無にかかわらず)顔を覆う服装を禁じる目的と、
政教分離のため(顔を覆うかどうかにかかわらず)宗教的な服装を禁じる目的が混同されている印象。

後者は我々日本人には何のことやらという感じですが、かつてフランスでは「フランス市民たるもの過度に宗教的な服装をするべらかず」という思想のもとヒジャブ(スカーフ。顔は出てる🧕)を被って登校した女子学生を罰する事件が起きて大論争となったりしたようです(スカーフ事件)。

前者については心情的にわからなくもないけれど、知人のイスラム教徒の女性は「ヴェールは自分の身を守ってくれるもの。普段はヒジャブを被っているけれど本当はブルカ(目だけ出てる)を身につけたい」と言っていたので、このような女性の「自分の身を守りたい」ニーズと市民全体の安全を両立する方法が何らかないのかな、と思ってしまいます。
スイス在住です。個人的には禁止でいいかも。というのも防犯上の都合で、、、。テロリストがブルカをきてテロ、とかありそうで怖い...。