新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
百貨店は相対的に高級品を扱っているので、ECには向かないと思います。

米国でも、日用品の販売を手がけるウォルマートはECで健闘していますが、高級百貨店は倒産しています。

その背景には、いわゆる中間層が貧困化して百貨店を利用できなくなったと言う事情もあるのでしょうが…。
人気 Picker
この方が主張したいこと「外商の強化」は理解できますが、その理由として挙げているECへの言及が粗く、主張もクリアではない為、そもそも前段のECへの言及が不要な感じがします(論文の校正みたいですみません)

この方がおっしゃる、下記のポイントにデジタルを付加していくのはありだと思いますね。
「ひとまず生き延びる施策としては、ECよりも外商強化を優先すべきなのです」

そうしないと、「ひとまず」しか生き残れないでしょうから。
なんだか良くわからない主張でした。外商が重要で改善余地があるのは指摘のとおりでしょう。しかし、だから効果が見えない一般向けのECはやっても仕方ない、という感じの主張に見えるのはイケてない気がします
店の売上とカニバるのではなく、顧客とのエンゲージメントが高まりリアル+ネットの顧客単価が上がる、というのが目指す姿。そこに向けた百貨店ならではのモデルを先に見つける競争です
ECはもう追随でしかなく、そこに特殊性はない。
外商は盤石な顧客基盤あっての話で異業種から容易に参入できないからいま力の見せ所ではある。しかし顧客の高齢化と新規会員の減少が容易に想像でき、未来を作るビジネスではないと思う。
おとといのWSJではサックスがECと店舗を別会社化するという報道がありました。これによって、より柔軟で効果的な資源配分を目指すとのことです。
https://www.wsj.com/articles/saks-fifth-avenue-owner-to-separate-e-commerce-and-stores-units-11614945600?mod=itp_wsj&ru=yahoo
これまでECに投資してきた会社とコロナを受けて急遽、の会社の差がこの辺りから出てくるのだろうなと感じました。
外商って百貨店自体にもある程度ブランドがあって成り立つかと。富裕層向けのコンシェルジュサービスは間違いなく別のサービスが取って代わることになる。今売れているものに投資するなんて簡単で、それは戦略ではない。